これからはじめるSEO内部対策の教科書の書評/感想/レビュー




 

 

★著者/出版社/オススメ度★

著 者:瀧内 賢
出版社:技術評論社

オススメ度:★★★★★

※アマゾン(amazon)、楽天などで中古で購入することも可能。

 

★これからはじめるSEO内部対策の教科書の概要/目次★

SEO(検索エンジン最適化)対策には大きく分けて、
内部対策と外部対策の2つがありますが、本書は内部対策に絞って書かれています。

外部対策は、いかに多くの外部のサイトにリンクされるかが重視されますが、
内部対策では自サイトのコンテンツの質をいかに高めるかが重視されます。

ここ数年来Google(検索エンジン)は、
外部サイトのリンク数が多いほど検索順位を上げるという方針から、
コンテンツの質が高いほど、検索順位を上げるという方針へアルゴリズムを変更しました。

著者は、Googleの新しいアルゴリズムを解析して、
SEOは内部対策こそ重要だと説いています。

1章ではアルゴリズムやソースコードなどの基礎知識を、
2章ではSEO効果のあるタグの書き換え方法、
3章ではソースコード全体の最適化、
そして最後に4章では、
修正コードにミスが無いか再チェックする作業について解説されています。

内部対策の具体例も豊富で、
ソースコードと対応させながら詳しく解説されており、そのまま即実行が可能です。

SEO対策として何をすべきか、
なぜその対策が必要なのかについて学ぶことができます。

 

目次
第1章 SEO内部対策の基本を知る
SEO対策は難しくない
アルゴリズムの進化
SEO対策の4つのフェーズ
外部対策と内部対策
ソースコードの重要性
なぜソースコードの修正が必要なのか?
ソースコードエラーをなくしていく
ソースコードを見る

第2章 SEO効果のあるタグへ全面的に書き換える
上位表示に必要なtitleの付け方を学ぼう
コンバージョン率UPのためにmeta descriptionを記述しよう
meta keywordsタグも念のため付けておこう
h1タグの上手な活用方法を学ぼう
h2~h6タグの正しい使い方を見直そう
ul、olタグを利用してキーワードに重みを付けよう
strongタグはこうやって使おう
centerタグを使って検索に引っ掛かりやすくしよう
imgタグの適切な使い方を学ぼう
リンクの最適な使い方を学ぼう
悪いサイトの例と検証

第3章 ソースコード全体を徹底的に最適化する
ドキュメント宣言を記述しよう
headタグ内で必要・不必要の仕分けをしよう
重要キーワードが重要位置にあるかチェックしよう
ページ内が適正な文字数・文字比率になるようチェックしよう
HTML内のぜい肉を落としスリム体質にしよう
重要でないタグやキーワードを下方に移動させよう
Webサイトの森で迷わないためのパンくずリストを作成しよう
サイト内にサイトマップを作ろう
内部リンクを張り巡らそう
ファイルサイズを縮小化しよう

第4章 修正したコードをチェックしてSEO最強体質にする
美しいソースコードに修正しょう
URL正規化でバックリンク分散を回避しよう
足を引っ張り合うミラーサイトをなくそう
SEO対策が正しく行われているかをチェックしよう
上位表示に必要なURLの付け方を学ぼう
NGタグを撤廃・改善しよう
スパム(ペナルティ)について知ろう
他サイトのCSSを見てみよう!

付録
XMLサイトマップを作ろう
サイト管理ツールを活用しよう
SEOお役立ちツールの紹介
よけいな不純物を取り除いたXHTMLソースコードの例

 

★これからはじめるSEO内部対策の教科書をamazonで購入
読んでみた正直な感想★

いわゆる、内部対策のみで上位表示させる、
ホワイトハットSEO、コンテンツSEOに関する手順ややり方が、
徹底的に分かりやすく書かれていて、非常に勉強になりました。

僕の中では、この1冊さえあれば、
ホワイトハットSEO、コンテンツSEOは極められるのではないかと思います。

下手に情報商材や、馬鹿高いSEOセミナーに参加するよりは、
この1冊を繰り返して読んだ方が、身につくのではないでしょうか。

 

★これからはじめるSEO内部対策の教科書を具現化する方法★

「これからはじめるSEO内部対策の教科書」

の内容としては、
ホワイトハットSEO、コンテンツSEOが中心となっています。

PABLO STYLEが提唱している、
『資産構築』の考え方とも共通する部分が多いですので、

当サイトのメルマガ、
不労所得構築講座【Essential】とも相性抜群となっています。

無料のメール講座としてスタートさせましたので、
ご興味があればチェックしてみてください!


続きを見たい方はコチラ

 

 

 

 

以上、参考になりましたら幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

*ネックネーム可

*メールアドレス