コピーライティングの基礎。『成約力』の3つ性質を完全理解しよう


copywriting

★はじめに。『成約力』について★

今回は、5つのコンテンツ作成能力の一つ、
『成約力』(コピーライティング・スキル)を取り上げて、
詳しく解説していきたいと思います。

 

PABLO STYLEでは、『成約力』という呼び名で、
独特な分類をしていますが、
コピーライティング・スキルと呼ばれているものと等しいです。

 

人を意のままに行動させる能力(スキル)を意味します。
有料の商品を買ってもらう場合もそうですし、
無料の会員登録をして貰う時も、URLをクリックして貰うときも、
この能力(スキル)を使います。

 

人に行動させるという場面であれば、
有料であろうと、無料であろうと、
この能力(スキル)を使っていることには変わりありません。

 

要するに、説得力や、心理誘導技術販売テクニックなどを、
全てひっくるめたのが、『成約力』になります。

 

では、もう少し詳しい解説に入っていきます↓

 

 

★『成約力』の重要な3つの性質について★

ここでは、
『成約力』の性質について、さらに厳密に解説していきます。
3つの性質を記載しておきます。

 

性質①前提として『伝達力』が必要●

まず、性質の一つ目としては、
『成約力』を存分に発揮するためには、
その前提となる『伝達力』が必要だということです。

 

『伝達力』が無いくせに、『成約力』だけを高めようとすると、

・口だけ達者な、胡散臭い営業マン
・嘘八百を並べ立てる詐欺師

みたいな感じになってしまいます。

 

※『伝達力』の重要性については、以下のコンテンツを参照して下さい。
「コンテンツマーケティングの土台。『伝達力』のパワーとは」

 

 

性質②見込み客(ユーザー)に求める
行動レベルに比例して、難易度が上がる●

見込み客(ユーザー)に求める行動というのは、例えば、

・高額な商品を購入してもらう
・低額な商品を購入してもらう
・無料オファーや無料会員登録に申し込んでもらう
・メルマガに登録してもらう
・アンケートに答えてもらう
・URLをクリックしてもらう

などです。

 

そして、

 

見込み客(ユーザー)に求める行動レベルが高くなると、
『成約力』も高くなければ、結果に結び付きません。

 

具体的に説明すると、

「URLをクリックしてもらう」という行動よりは、
「低額な商品を購入してもらう」の方が、
お金を払うという行動が付け加えられる分、行動レベルが高くなります。

 

●さらに言えば、「低額な商品を購入してもらう」よりも、
「高額な商品を購入してもらう」方が、支払うお金の量が増える分、行動レベルが高くなります。

 

つまり、「URLをクリックしてもらう」よりも、
「低額な商品を購入してもらう」方が難しくなりますし、
それよりも、さらに、「高額な商品を購入してもらう」方が難しくなるわけです。

 

見込み客(ユーザー)にしてほしい行動の、レベルが上がれば上がるほど、
説得力や、心理誘導技術販売テクニックなどが必要になります。

 

説得力、心理誘導技術、販売テクニック等の総合力=『成約力』です。

 

 

性質③いわば『北斗神拳』。
使い方を間違えば破滅?!●

『成約力』(コピーライティング・スキル)とは、
いわば、『北斗神拳』のようなものです。

 

『北斗神拳』とは、「北斗の拳」というマンガに出てくる最強の拳法です。
経絡秘孔と言われる「ツボ」のようなものを突くことで、
相手の人体を、内部から破壊するという、一撃必殺の殺人拳です。

 

『北斗神拳』は、使い手によって結果が変わってきます。
素晴らしいマインドの人が使えば、世界を救えますが、
極悪人が使えば、世界を破滅させてしまいます。

 

『成約力』(コピーライティング・スキル)もこれと同じで、
顧客心理と言われる「ツボ」のようなものを突くことで、
相手の欲望を爆発させ、意のままに動かしてしまうというスキルになります。

 

素晴らしい人が使えば、素晴らしい商品が世に広まって、
その業界はよくなっていきますし、

逆に、詐欺師のような人が使えば、粗悪な商品を高額で売りつけてしまうので、
被害者がたくさん出てしまいます。

 

これを読んでいるあなたには、
是非、素晴らしい方向に使ってほしいと思います。

 

 

★まとめ。各「記事の種類」への振り分け方と使い道★

『成約力』(コピーライティング・スキル)を、
存分に使う記事の種類としては、

●商品レビュー記事
●対比記事
●ランキング比較記事
●スクイーズページ(メルマガ登録を促すページ)
●セールスレター(商品を販売するページ)

となります。
こういった記事やページを作成する際に、
『成約力』があれば、反応の高いものが出来上がります。

 

まずは、『成約力』を磨いて、各記事を書く際に、
上手くテクニックを散りばめられるようにしましょう。

 

たくさん記事を書いていけば、
自然と、上手くテクニックを散りばめられるようになります。

 




無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ