一生食うのに困らない!異なる5つのコンテンツ作成能力とは

5contents

★コンテンツ作成能力には、5つ存在する★

コンテンツ作成能力には、5つあります。
『伝達力』『成約力』『表現力』『教育力』『適応力』です。

 

近年注目を集めている、
コンテンツマーケティングを学んでいる方にとっても、
極めて重要な能力となります。

 

これらを身につけることができれば、
どんな時代でも、どんな業種でも、どんな状況でも、
高いレベルで闘うことが可能となります。

 

 

★コンテンツ作成能力は、
初心者の内から意識しておくことが重要★

「初心者なんで、楽して稼ぎたいですぅ」
というアホは放っておいて、
着実に実力を磨きながら、本気で稼ぎたいという方だけ、
今回の内容をチェックしてください。

 

今後のネットビジネスの動向を考えても、
極めて重要な能力となりますので、今のうちから意識しておきましょう。

 

ネットビジネスを始めたての方であれば、
これらを最初から意識しておくことで、
言い訳ばかりしているライバルたちを一気に追い抜かすことができます。

 

 

5つのコンテンツ作成能力一覧。
まずは把握しておきましょう★

●『伝達力』●
自分の思いを、他人に伝達する能力。
「何としてでも伝えたい」というマインドと言い換えてもいい。

 

●『成約力』●
自分の思い通りに人を動かす能力。
有料の商品を買わせる/無料登録をさせる、というのも成約力があればスムーズ。
巷では、「コピーライティング」と呼ばれている。

 

●『表現力』●
表現の豊かさで、人を魅了する能力。
人気ブロガーの記事や、小説などの文章は、
基本的に、この能力をフル活用したコンテンツであると言える。

 

●『教育力』●
人を教育して価値観を与え、成長させたり、結果を出させる能力。
教材の「中身」を作成する際に用いられることが多い。

 

●『適応力』●
あらゆるメディア、状況、ターゲットに合わせて、
臨機応変にメッセージを適応させる能力。
この能力が高まると、あらゆる層に響かせることができるので、
おのずと、集客力も高くなっていく。

 

 

★まとめ。ブログ/サイトの記事に、
これらの5つの能力を入れていく★

今回解説した、
『伝達力』『成約力』『表現力』『教育力』『適応力』
は、コンテンツを作成する「能力」の説明をしました。

 

もう一度言いますが、
「能力」の説明をしたわけです。

 

この「能力」を、記事として具現化すると、

【商品紹介記事】【情報提供記事】【ブランディング記事】
【SEO対策記事】【ツルハシ型コンテンツ】
【参加型システムコンテンツ】【ランディングページ】

といった「記事の種類」になります。

 

「コンテンツ作成能力」=料理をする能力/スキル
「記事の種類」=実際に料理して作られたメニュー

という風に捉えていただければ幸いです。

 

「コンテンツ作成能力」の優先順位に関しては、
コチラの記事を参照してください。

*ネックネーム可
*メールアドレス