ノマドワーカーになるには。その意味と仕事内容について徹底解説


今回は、ノマド/ノマドワーカーという言葉の意味について、
詳しく解説していこうと思います。
ノマドカフェ等についても説明しています。

 

★ノマドワーカー(nomad worker)の意味とは★

ノマドワーカー(nomad worker)とは、
ノマド(nomad)を意味する遊牧民のように定住しないで、
どこでも自由に移動して仕事をする人です。ノマド族という場合もあります。

 

従来、仕事は会社のオフィスでするか、
フリーランス(Freelance)として自宅でするしか選択肢がありませんでした。

 

しかし、ノマドワーカーはオフィス・自宅はもちろん、
カフェやファストフード店などどこでも仕事ができます。

 

★ノマドワーカーはノートパソコンをカバンさえあればOK★

このように場所に縛られない働き方ができるのは、
ノートパソコン・タブレット・携帯電話などのIT機器が開発され、
無線LANを使ってインターネットに接続できる環境が整備されているからです。

 

ノートパソコンと、それを入れるカバンさえあれば、
どこでも仕事をすることができます。

 

ノマドワーカーとしてこのような環境下で仕事ができる職種としては、
ライター、ブロガー、ホームページ管理者、記者、カメラマン、デザイナー、
プログラマー、コンサルタントなどクリエイター系に限られてきます。

 

またノマドワーカーには、IT機器を使うスキルはもちろん、
必要な情報の収集能力や日々の時間管理能力が求められます。

 

 

★ノマドワーカーは、カフェを使うと集中力が高まる★

先ほど、オフィス・自宅はもちろん、
カフェやファストフード店などどこでも仕事ができる、
と書きましたが、「集中力を高める」という観点から考えれば、
都会にあるカフェがオススメです。

 

都会のカフェには、意識の高いビジネスマンや経営者も、
仕事をする為に利用しているケースが多いです。

 

そういった環境で仕事をすると、
良い空気感の中で、気持ちが引き締められて、集中することができるのです。

 

休日に、自宅でダラダラしてしまうという方は、
カフェを利用することも検討してみてください。
きっと、有意義な時間を過ごすことができると思います。

 

東京であれば、池袋、渋谷、秋葉原、新宿、
大阪であれば、梅田、心斎橋、難波(なんば)、淀屋橋、日本橋
といった場所にある、
ノマドカフェ(インターネットが使えるカフェ)がオススメです。

 

その他の地域や県も、
インターネットで調べればすぐに見つかりますので、確認してみましょう。

 

 

★ノマドワーカーになるための最も簡単な方法★

ノマドワーカーになるための最も簡単な方法としては、やはり、
ネットビジネス(アフィリエイト)を実践し、
インターネット上に『資産』を構築するのがオススメです。

 

そのノウハウをまとめた、無料のメール講座をスタートさせましたので、
ご興味があればチェックしてみてください!


続きを見たい方はコチラ

 

 


無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ