究極の『自己満足』こそが、ビジネス成功への秘訣

an

別のコンテンツとあわせて使うと効果がある

●別コンテンツ、
「お金の流れの原則。稼げない原因は、『俺俺ベクトル』のセイ」
の中でもでもお話ししましたが、
ビジネスで稼ぐためのは、相手のことを考えなければならない。
そうしなければ、お金が入ってこない
相手に対してベクトルに向けるという原則は変わらない。

●ただ、「世のため人のため。滅私奉公で仕事!」と捉えると、
なかなか長続きしない人もいるので、
今回はそのアイデアを提案したいと思います。

●今回のお話は、相手に対してベクトルを向けるときの、
『マインド(思考回路)』といった感じです。

人は、自分が満たされないと、長続きはしない

●相手が凄くハッピーになって喜んでくれたとしても、
自分がボロボロで満たされていないと、ツラくなってくる

●巷の偉そうな人が書いた、ビジネス書/自己啓発本には、
「自分を殺して相手のことを思え」的な、
指導がされていることも少なくない。

●長続きするためには、
相手もハッピーで、自分もハッピーという、
WIN-WINの関係を築くことが重要となってくる。

●結論。
『自己満足』の幅を広げていくという発想がオススメ。
どういうことなのか、具体的に解説していきます↓

究極の『自己満足』とはどういう状態?

「Aさんのために頑張ろう」というよりは、
「Aさんが成功しなければ、私がヤダ。満足できない」という状態。

「俺だけ稼げたとかイヤだ。皆も稼げなくちゃ楽しくない!」
「私一人だけ綺麗になってもつまんない。皆も綺麗にならなくちゃイヤ」

といった感じ。

究極の『自己満足』のすすめ。

●この状態になれば、キレイゴト/偽善っぽさ無くなる。
ナチュラルな雰囲気が出て、発言に説得力も出てくる。
そして、周りの人間も巻き込まれやすくなる。

Aさんが傷つけば、自分が傷つくのと同じぐらい痛みを感じ、
Aさんが悩んでいれば、自分のことのように悩む

●お客さん=盃を交わした、【ブラザー】(仲間)という発想ができれば最強。

「アイツがイジメられていたら、自分のことのようにツラい」
「アイツが成功していけば、自分のことのように嬉しい」

といった感覚。

最後に。人間の器=自己満足の幅。
どうやって広げていくのか

●幅を広げるためには、簡単にいえば、
サービス精神旺盛になること。究極的に「おせっかい」になること。
そして、ある意味、自分勝手で強引であること。

ビジネスの世界で成功している人間は、
例外なくサービス精神旺盛でおせっかいな人。
そして、ある意味、自分勝手で強引である。

●『自己満足』の幅が広がれば広がるほど、稼げる金額はデカくなっていく。
歴史に残る偉人たちは、究極的に『自己満足』の幅が広い。

国を変える人は、国が良くなるところまでが『自己満足』の幅
世界を変える人は、世界が良くなるところまでが『自己満足』の幅

ここまでの境地にたどりつく必要はないが、
『自己満足』の幅を広げていくのを意識していこう。

●サイトを作っているのであれば訪問者、
メルマガを発行しているのであれば、読者を幸せにするところまでを、
『自己満足』の範囲として広げていこう!

*ネックネーム可
*メールアドレス