1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法の書評/感想




 

 

★著者/出版社/オススメ度★

著 者:クリス・ギレボー(原著)/本田直之(翻訳)
出版社:飛鳥新社

オススメ度:★★★★☆

※アマゾン(amazon)、楽天などで中古で購入することも可能。

 

★1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法の概要/目次★

本書は、米国の作家・起業家・トラベラーである著者が書いた
原題「THE $100 START UP」の日本語版です。

中身は書名の通り、1万円程度の元手からビジネスを始めて、
年間500万円以上稼いでいる人たちの実例集です。

例えば、「マイレージの利用法を教えるだけで年収750万円 」
「 手作りブライダルアクセサリーで年収500万円」など
チョットした思い付きで始められそうなものばかりです。

これなら、サラリーマンの土日仕事や主婦でも始められるでしょう。
本書は、このような成功者に至る過程を3部に分けて教えてくれます。

1部の「気がつけば、起業家」では「自分を再発見しよう」「魚を与えよ!」
「情熱だけでは成功しない」「ノマド起業の真実」「顧客の年齢層を調べるな」

2部の「さあ、街で売ろう」では「ビジネスプランはA4用紙1枚に」
「断れないオファー」「本日発売!」「売り込みは穏やかに」
「儲かり続けなければ仕事じゃない」

そして3部の「利益を増やす次の一手」では「収入を倍増させる微調整」
「自分をフランチャイズしよう」「大きくなるのはいいこと?」
「あなたはもう、いちばんの専門家!」

といった形で、順を追って詳しく書かれています。

 

★1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法を
読んでみた正直な感想★

いわゆる、マイクロビジネスと呼ばれる、
個人起業について詳しく、分かりやすく書かれた名著です。

読んだらすぐに実践できる、というたぐいの本ではありませんが、
マイクロビジネスというものを手っ取り早く理解するには、この1冊でOKだなと感じました。

マニアックで実務的な記述がそぎ落とされていて、読みやすい反面、
「あ~面白かった」で終わってしまう人も多いんじゃないかな、
と、個人的には思ってしまいました。

 

★1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法を実戦する方法★

「1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法」

の中では、マイクロビジネスの種類や、特徴等について解説されていましたが、
より、現場に近い実践的なノウハウは少なかったと思います。

当サイトで取り上げている、
インターネットビジネス(アフィリエイトやコンテンツ販売等)も、
マイクロビジネスの一種として、非常に優れたビジネスモデルです。

PABLO STYLEでは、
インターネットビジネス(アフィリエイトやコンテンツ販売等)を中心とした、
『資産構築』『不労所得構築』をテーマとしています。

当サイトのメルマガ、
不労所得構築講座【Essential】では、その中核となるノウハウを凝縮しています。

無料のメール講座としてスタートさせましたので、
ご興味があればチェックしてみてください!


続きを見たい方はコチラ

 

 

 

 

以上、参考になりましたら幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

*ネックネーム可

*メールアドレス