アフィリエイトの外注で契約書は必要?!危険性を把握しよう!


手早くサイトを作成するためには、
外注を使うとてっとり早いです。
短時間で、記事を作成することができます。
ですが、同時に危険性もあるので、
それも把握しておくことが大切です。


<>

 

外注の種類にも色々ありますので、
サイトアフィリエイトの記事外注の種類。金を無駄に使わない活用戦術
↑コチラの記事も同時にチェックしていただき、
読み進めていただければと思います。

この中の、

①内勤スタッフを雇って組織化
②求人情報、ネット広告、掲示板等で募集

の方法を使う場合には、
忘れずに契約書を交わすことが重要です。

 

基本的には、信頼関係のうちに作成を依頼しますが、
業者側も文章の作成を、さらに他の業者や個人に外注している場合もあり、
文章のチェック体制が甘くなってしまう可能性があります。

例えば他サイトからのコピペや、著作権の問題があります。

ネット上の個人のサイトの転載の場合、
相手の許可を得ずに転載すると著作権の侵害に当たります。

 

依頼した記事をチェックせずに、そのまま利用して、
後から、
「他のサイトの記事をそのままコピペしただけ」
だとわかった場合、
高額な損害賠償請求が行われる可能性があります。

 

具体的には最高で10年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金です。

この場合、たとえ自分に過失がなくても、被害を受けてしまうことになります。

こうした問題をあらかじめ避けるためには、きちんと契約書を交わしておくことです。

サイトの内容に関して、
コピペなどを行なわない旨の記載があるかどうかを、確認しておくのが大切です。

 

★どのような契約書を作ればいいのか★

記事を外注する際の契約書に関しては、

コチラのマニュアル+テンプレート一式

がオススメ。

求人及び募集の方法から、
その後のやり取りのメールテンプレート
契約書の雛形までが、全てセットになっています。

 

★契約書を交わさなくてもいい方法★

契約書を交わしたり、
コピペチェックをする手間を省きたいのであれば、

●記事外注/記事作成代行サービスを使う

という方法を取ることをオススメします。

時間や手間を省ける分、多少、金額は高くなりますが、
わずらわしい作業を避けたいなら、選択肢として、考えておくもいいでしょう。

 

記事外注/記事作成代行サービスの比較についてはコチラ↓

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ