アフィリエイトの記事を外注/代行する際の、重要なマインドセット


サイト(ブログ)アフィリエイトにおいて、
より効率的に作業を進めていく上で、
重要になってくるのが記事の外注です。
今回は、その注意点について解説していきます。


<>

 

まず、外注する上で、一番重要なマインドセットとなるのが、
あなた自身が、

 

「監督」

 

になるということです。
「雑誌編集者」とか「プロデューサー」等も、
イメージとしては近いかもしれません。

 

バックリンク用の、「サテライトブログ」の記事の外注であれば、
正直、記事の内容は問わないので、
「適当にこのテーマで、何文字以内でお願いします」
といった指示でも構いませんが、

 

「収入」を得るためのサイトの記事を外注する場合や、
メインサイトに、外注した記事を組み込んでいく場合は、
あなた自身が「監督」となり、
きちんと戦略を考えなければいけません。

 

多くの方は、「外注」と聞くと、

 

「俺は何にもしなくてほったらかし!ラクラクっ」
「勝手に記事書いてもらおう。私は記事書けないしね」

 

といった具合に、

 

スグとにかく「ラク」をしようという発想で、
自分の脳みそを一切使おうとせず、
「外注」を使う方がいらっしゃいますが、これは間違いなく失敗します。

 

アフィリエイト業界では、

 

「外注」は、稼げている人が、
 報酬を拡大させるために行うべきです

という意見と、

・いや、稼いでいないからこそ、稼ぐ為に
 「外注」するんです

 

という、2つの主張が飛び交っていて、
「あ~もう、どっちなんだよ」と、混乱している方もいらっしゃいます。

 

これに対する、僕個人の見解としては、

 
稼げる記事の書き方、売れるサイトの作り方が、
しっかり分かっているのであれば、
例え今、そんなに稼いでいなくても「外注」してもいい

 

というものです。

 

さすがに、「初報酬」すらゲットできていないという方は、
サイトアフィリエイトの基本的な考え方や、
手順が身についていない可能性が高いので、
「外注」しても失敗する確率が高いです。

 

ただ、きちんと「報酬」を発生させることができて、
どういう記事を書けば売れるのかを分かっているのであれば、
「外注」を使っていくことで、成功するスピードは高まります。

 

あとは、
「外注」しやすい記事、「外注」しにくい記事というものを、
把握しておくことも重要です。

 

ライティング力の必要のない記事、必要な記事の種類を把握しよう
でも書いていますが、

 

・商品をしっかりとレビューした売れる記事
・自分の意見を盛り込んだ面白い記事

 

といった、
ライティング力が必要になってくる記事というのは、
「外注」するのはなかなか難しいです。

 

基本的に、「外注」のスタッフさんというのは、
コピーライティングのプロではありません。

単に、指定されたテーマの「文章」を書くことで、
その「作業」としてお金をもらっているわけです。

 

「ライティング力を使って、顧客心理を動かし、お金を生み出している」
というわけではありません。

なので、このあたりのことを意識して、「外注」する必要があります。

 

もし、商品紹介記事を依頼した場合は、
必ず、サイトに投稿する前に、「監督」としてチェックする、

という作業は必要になってきます。

 

決して、

 

「ほったらかしで、まかせっきりでOK!(ニヤリ)」

 

とはなりませんので、
注意してください。

 

以上、参考になりましたら幸いです。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ