アフィリエイトの記事の文字数はどれくらいが理想か


アフィリエイトの記事は、
長いほうがいいのか短い方がいいのか…。
誰もが悩むポイントでしょう。
今回は、理想的な「文字数」について解説いたします。


<>

 

文字数が少ない方が書くのはラクだけれど、

 

・読む方にとってはつまらないかも?
・検索エンジンから低品質なコンテンツとして、
 ペナルティを受けないだろうか?

 

と不安になりますし、逆に、

 

「文字数が多いと情報量が多くていいけれど、
途中で飽きて最後まで読んでもらえないかも…」

 

と思うこともあるでしょう。

 

結論からいえば、
アフィリエイトの記事の文字数は、成功とは関係ありません。

 

とはいえ、SEO対策を考えると、多すぎるのも少なすぎるのも問題です。
僕は、1記事につき500文字から800文字は書くことをおススメします。
(これはあくまで、目安として考えてください)

 

有名で人気のアフィリエイターのサイトをチェックすれば、
文字数が程良いレベルでまとまっているのがわかるはずです。

 

実は、文字数は文章の質ともリンクしていて、
良い記事は適切なボリュームになりやすいのです。
その結果、SEO対策にも良い影響が出ることになります。

 

「アフィリエイトの記事を、毎回500文字以上
 考えるのは大変(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

 

と思うかもしれません。

 

たしかに、普段文章を書かない人が、
いきなり長い文章を書くのはきついものです。

 

しかし、あきらめずに書きまくっていれば、
そのうちに書くこと自体に慣れるものです。

 

そして、文章構成のレベルもアップし、
500文字から800文字で上手くまとめたり、
軽々と1000文字以上書いちゃったりすることも、普通にできるようになります。

 

これはもう、「テクニック」とかではなく、「数稽古」をするしかないです。
どんなに凄いノウハウを手に入れて、
『頭』で分かった気になっていたとしても、
「数稽古」をして、『体』に覚えさせなければ意味がありません。

 

★まとめ★

 

とにかく、上達するには、

 

「ただひたすら書いて書いて書きまくる日常を送る。」

 

これにつきます。

 

…と書いてしまうと、

 

「ううわ。根性論かよ…」

 

と、ゲンナリするかもしれませんが、
スキルアップしていくことを「楽しみながら」取り組んでください。

 

「あああ、ど、努力せねば!」
「頑張るぞ!苦行に耐えるぞ!」

 

こういう考え方では、続かないですし、必ず挫折します。

 

「根性論」から解放され、自動的に成功する『脳』を作るなら

 

 

一度マスターしてしまえば、たった一人でも、
安定したモチベーションで、
アフィリエイトに取り組むことができるようになります。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ