イデアイズムの評価・評判は、おそらく「賛否両論」。正しい判断を下す方法

 

イデアパブリッシング初となる教材、
「イデアイズム」ですが、その評価は、
おそらく、「賛否両論」だと思います。
その上で、正しい判断を下すヒントを書いてみたいと思います。

 

 

ネット上では、レビューする「スキル」が無くても、
好き勝手書けてしまうので、色んな意見が飛び交います。
なので、そういった情報に惑わされずに、
「正しく評価」した上で、
自分に必要かどうかを判断していただければと思い、今回、記事にしてみました。

 

ではまず、なぜ評価・評判・口コミが、「賛否両論」になるのか。
考えられる「原因」としては、3つあります。

作者である一人、和佐大輔氏が、
 ネットビジネス業界において、カリスマ性がありすぎる

「革命」という言葉に引っ張られすぎて、
 まともにレビューできない人が出る

「抽象的」な上、時代の「先端」を行く考え方である

 

これらを順番に解説していきますが、
長くなってしまったので、前編後編に分けて、
今回はを取り上げたいと思います。

 

作者である一人、和佐大輔氏が、
 ネットビジネス業界において、カリスマ性がありすぎる

●無視すべき評価●

カリスマ性があるということは

・作者である和佐さん達を崇拝している信者
・逆に、作者である和佐さん達のアンチ野郎

が大量に存在します。
こういう方々は、
無条件で絶賛するか、無条件で批判するかのどちらかです。

 

「無条件に」という意味では、
「信者」「アンチ」も、同じ「人種」だと言えるでしょう。

こういった人の特徴としては、

信者であれば
「神教材っす。ヤバいです。凄いです。間違いありません!」
という感じで、根拠を述べずに絶賛しまくりですし、

アンチであれば
「詐欺ですぅ~。こんなの買うぐらいならコチラの教材をどうぞ」
という感じで、細かい説明もなく、別の教材を、雑に紹介する事でしょう。

↑まず、こういった人たちの意見は無視しましょう。

 

●まっとうな評価ポイント●

まず、冷静に考えて、教材は「神」ではないし、
いくら有名な人が作った教材だからと言って、
全部が全部、いい商品とは限らないわけです。
ここをきっちり伝えるのがアフィリエイターの仕事だと、僕は思っています。

また、本当に「詐欺」だとしたら、
法的に罰せられているハズだし、
仮に「詐欺」だとして、罰せられていないと分かっているのであれば、
ブログや掲示板で、「詐欺だ。詐欺だ」と叫んだところで何も起こりません。

なぜ法的な機関に働きかけようとしないのか、僕は疑問です。
なので「詐欺」という言葉を使っていること自体、馬鹿なのです。
単に「気に食わない」だけなのでしょう。

では、僕なりに、まっとうな評価をしていきたいと思います。

内容としては、
「ビジネスの思考」を養うタイプの教材です。
このジャンルの教材の中では、
非常にクオリティの高いものだと言えます。

ただし、
具体的な「作業」を解説しているわけではないので、
全くのネットビジネス初心者であれば、この教材だけでは難しいと思います。

もし、
サイト・ブログアフィリエイトをしていきたいのであれば、
事細かな作業手順が掲載されている、
教材「LUREA」等とあわせて学んだ方が効果的です。

 

また、イデアイズムは、
自分にしか作れない「媒体」を作っていくという、
ビジネス戦略を解説しているので、
パワーサイトパワーブログ運営をする人に向いています。
教材「LUREA」でいえば、ロングレンジ戦略です。

簡単に作れる「ペラサイト」(1ページのサイト)や、
数ページの簡易的なサイトを、ひたすら量産して稼ぐタイプの人には、
あまり必要のない教材だとも言えるでしょう。

 

 

「革命」という言葉に引っ張られすぎて、
まともにレビューできない人が出る

●無視すべき評価●

「革命って言葉にピンと来ないで~す」
「革命とか難しそう…私には関係ないよね」
「別にィ、革命とか起こす気ないしィ。なので興味無いで~す」
「革命なんて起こす必要なくないですか」
「そう言ってる和佐さん達は革命的なんですかぁ~?」

という「的外れ」な評価・評判・口コミが出ると予想されます。
これは、レビューでもなんでもなく、ド素人の「感想」です。

↑まず、こういった人たちの意見は無視しましょう。

 

●まっとうな評価ポイント●

どんな「感想」を持つかは自由ですが、
それを堂々と「レビュー」って言わないでほしいなと思います。
そんなものは、2ちゃんねるでどうぞ、って感じです。

そもそも、レビューって、

・その教材の「内容」がどうなのか
・誰にとって、何を求めている人にとって必要なのか
・教材を手に入れて実践したらどうなるのか

を書くべきで、
教材のタイトルとか、売り方とかに対する、
揚げ足取り的なコメントはどーでもいいんです。

まあ、和佐さんは、インパクトのある “言葉” を産み出す、
プロフェッショナルですので、
そこに引っ張られる人が出てくるのは、仕方のないことかもしれませんが。

というか、
和佐さんが「革命」と言っているのは、
圧倒的に不利とされている「後発組」が、
幅を利かせている「先発組」に、勝つ方法です。
セールスレターにも書いてるし。

大体の「先発組」は、昔稼いだ、古いノウハウを教えて、
本当のことを言ってくれないわけです。

「そういう和佐さん達も、「先発組」だろ!」

って思うかもしれませんが、もちろん和佐さん達は、
ネットビジネス業界では「先発組」です。最近始めた人にとっては。

ただ、本当のことをハッキリ、キレイゴト抜きで教えてくれる、
数少ない「先発組」といってもいいでしょう。

成功者にも2種類いて、
自分の地位を守るために「保身」に入ってしまう人と、
自分を超えるかもしれない「新人」を育て上げて喜ぶ変人
に分かれます。

おそらく、
和佐さん達は「革命家」なので、後者の変人の方なのでしょう。

んで、「革命」というと、
すんげ~事をしなければいけないのか、と勘違いする人も、
いると思うのですが、そんなことはないわけです。

セールスレターの中で、和佐さんも言っているのですが、

1.あなたの革命(提案)の言語化
2.世界観の構築
3.仲間集め

この3つを成し遂げる。
これで「革命」できるわけです。

もう少し、かみ砕いて言うと、

あなた独自の「言葉」で、
あなた独自の「世界」を作り、
あなたに共感する「仲間」を集める

ということ。

他人でも誰でもできることを「マネ」するのではなく、
あなたしかできない事を、とことん追求していくことなのです。

例えば、あなたが「主婦」で、
アフィリエイトを教えるブログを作っているのであれば、
「主婦」ならではのメッセージがあるだろうし、
「主婦」が喜ぶブログを構築し、世界観を作ることで、
それに共感する「主婦」仲間が集まってくるわけです。

誰でも書けるような、「ASPの登録の仕方」みたいな記事だけだと、
どこにでもある印象になって、インパクトが無いわけです。
「主婦が管理人ってだけの、よくあるブログ」になります。

世界観をキッチリ構築できると、

別に、稼いでいる「凄そうな人」の真似をする必要もないし、
「稼ぐ系」であれば、実績なんてものもそんなに必要ないわけです。
物販系でも、相当なインパクトを与えられます。
トップアフィリエイターを見て焦ることも無いですし、
ライバルを見て、落ち込むこともありません。
「凄そうな」人を演じる必要もありません。

自分にしか発せない言葉で、メッセージを伝え、
自分にしか作れないブログを作ればいいのです。
そして、自分の事を好きだと言ってくれる仲間を集めて、
彼らを「理想の未来」へと導いていく。

それが「革命」です。
これを体系化したのが、「イデアイズム」です。

みんなのマネばかりして、安心・安全な空間で、
みんなと一緒の事をしたい!という人には「苦痛」かもしれません。
そういう人は、「革命」しなくてもいいです。
というか、起業せずに、雇われていた方がいいと思います。

でも、

「自分にしかできないことをして、稼ぎたいな」

ということに、モチベーションが上がるのであれば、
イデアイズムは、まさしく「バイブル」になると思います。

 

 

 

今回は以上となります。

なぜ評価・評判・口コミが、「賛否両論」になるのかの3つ目

「抽象的」な上、時代の「先端」を行く考え方である

については、次の記事、
今のネットビジネス業界に物申す!イデアイズムが伝えてくれていること
でガッツリ解説していますので、
合わせて読んでいただければ幸いです。

それではまた!

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ