サイトアフィリエイトの記事外注の種類。金を無駄に使わない活用戦術


「外注」による作業効率化にも
「種類」があります。今回は、その中でも、
「記事の外注」「記事作成代行」について
解説していきます。


<>

 

大きく分けて、4つのパターン/方法が存在します。

 

①内勤スタッフを雇って組織化

求人情報、ネット広告、掲示板等で募集

③SOHO系のサイトで外注を募集する

④記事外注/記事作成代行サービスを使う

 

この4つです。

 

では、それぞれのメリットデメリット
また、状況によってどう使い分けるべきかを解説していきます。

 

 

メリット
自宅や事務所に来てもらい、仕事をしてもらう形になるので、
様々な細かい仕事をお願いできます。

また、「教育」していくことで、
レベルの高い記事作成代行や、サイト運営なども任せることも可能。
専業のサイトアフィリエイターであれば、是非挑戦したいところですね。

デメリット
副業で取り組んでいる人にはハードルが高くなります。
雇用形態、著作権上の問題、勤怠管理、経理など、
法律面やマネジメント面でも考えるべき課題が出てきます。

 

 

②求人情報、ネット広告、掲示板等で募集

 

メリット
素人の、いわゆる「スレていない」ライターを、
探し当てることができるので、
相場よりも低い価格でもお願いできる可能性が高いです。

物販のモニターになってもらうパターンにも使えます。

デメリット
記事の質は、比較的低いと考えておいたほうがいいでしょう。
また、メールのやり取り、入金手続きなどが面倒です。
仕事をすっぽかされることもある、と覚悟しておきましょう。

誤字脱字、コピペチェックなどは必須。
自分で行う必要があります。

 

 

③SOHO系のサイトで外注を募集する

 

メリット
サイトの管理画面を通してのやり取りになるので、
のパターンと比較すれば、ラクです。

SOHOのサービスの質にによっては、
レベルの高いライターに巡り合える可能性もあります。
仕事をすっぽかされる確率はに比べれば低いです。

デメリット
記事作成代行を掛け持ちしているライターが、
記事を「使いまわし」する可能性はあります。
(他サイトに納品した記事を、そのまま渡される恐れがあるということ)

なので、誤字脱字、コピペチェックなどは必須。
自分で行う必要があります。

 

 

④記事外注/記事作成代行サービスを使う

 

メリット
ある一定のクオリティは保障された記事が納品されます。
基本的には、入金管理から、誤字脱字、コピペチェックなどは、
すべて完了してから納品してくれるので、
その手間と時間を省くことができます。
仕事をすっぽかされることは絶対にありません。
納期どおりにきちんと仕事をしてもらえます。

デメリット
手間と時間が省ける分、
やはり、に比べて、値段が若干高くなります。

また、基本的にはそのサービスごとに、
「依頼する手順」が決まっているので、
柔軟に細かい仕事を振ることは難しいです。

 

 

★まとめ★

 

おおよそこんな感じです。

①内勤スタッフを雇って組織化
は、将来的に大きく稼げるようになれば可能です。

ただし、
まだ始めたばかりの方や、副業として取り組んでいる最中の方、
または、組織化せず、一人でずっと取り組みたい方は、

②求人情報、ネット広告、掲示板、自サイトで募集する
③SOHO系のサイトで外注を募集する
④記事外注/記事作成代行サービスを使う

のいずれかを選択する形になります。
かけられる手間や時間など、
状況に応じて、使い分けることをオススメします。

 

ちなみに僕の場合は、
③SOHO系のサイトで外注を募集する
④記事外注/記事作成代行サービスを使う
のパターンを、状況に応じて使い分けています。

僕自身、メチャクチャ面倒くさがり屋なので、
②求人情報、ネット広告、掲示板等で募集
のパターンを使うことは少ないです。

 

外注に使えるオススメサービス

 

SOHO系のサイトで外注を募集する際に役立つサービス↓

 

記事外注/記事作成代行サービスの比較↓

以上、参考になりましたら幸いです。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ