ショートレンジ戦略で【差】を付ける記事の書き方と、サイト構築戦略

ショートレンジブログ戦略 記事の書き方
ショートレンジブログ戦略は、
シンプルかつ簡単であるがゆえに、
ライバルもたくさんいます。
そこで、他の人に比べ、圧倒的な差を付ける
記事の書き方を伝授いたします。


<>

 

ショートレンジブログ戦略では、
買う直前の、
購買意欲の高い見込み客をターゲットにするので、
ライティングは、簡単な「誘導文」でも、
充分、報酬を発生させることができます。

 

ただ、ライバルがたくさん現れてくると、
「同じような記事」「同じようなサイト」を作っていては、
「差」を生み出すことができず、稼ぎにくくなってしまいます。

 

そこで!今回は、
レベルを1段階アップさせた、戦略を伝授します。

 

 

 

ユーザーは、何か商品を買おうとしたり、
調べ物をする場合、検索エンジンを使って探します。

 

その時に、魅力的なタイトルを付けていれば、
クリック率が上がり、サイトに来てもらえる可能性が高くなります。
タイトルに魅力があれば、例え10位以下でも、
2位3位のサイトより、ガンガン訪問していただけます。

 

単に、

「商品●●激安情報」
「商品▲▲を最安値で買う方法」

などの「無機質な」タイトルよりも、

 

「商品●●を半額以下で購入する裏ワザ。こっそり教えます」
「商品▲▲を一番安く買う方法をデータと表で徹底比較」
「あの廃盤商品◆◆を、あるルートを使って極秘入手する秘密」

 

といった感じの方が、「興味」を持ってもらって、
サイトに来てもらえます。

 

サイト自体のタイトルでもいいし、
個別の記事タイトルでも構いません。

 

とにかく、顧客心理をガッシリつかみ、
魅力的なタイトルを付けるスキルが、今後ますます重要になってきます。

 

 

テンプレート&ヘッダーで魅せる

 

意外と、ショートレンジブログで、
デザインをインパクトのあるものにしている人が少ないです。

 

もともと何も手を加えていない状態だと、
ライバルと同じ印象になってしまうので、
見た目で惹きつける、ということを意識してみてください。

 

無料ブログテンプレート、「リプラLuster」を使うのは、
当然として、

LUREA(ルレア)には、未来派さんによる、

・デザインメソッド:ショートミドルレンジデザイン編
・デザインメソットGIMP攻略マニュアル

というノウハウも付いているので、これを徹底的に活用してください。

 

プロフィールを書き、サイトをブランディング

 

パワーサイト(ロングレンジサイト戦略)では、
割と実践している人の多い、『ブランディング』

 

要は、プロフィール記事を書いたりすることで、
サイトに親近感を感じてもらったり、覚えてもらうための戦略です。

 

ショートレンジブログ戦略のような、
量産系サイトアフィリ系のノウハウでは、

「邪魔くさいし、めんどくさい」
「別にやらなくても成約できるから、やらない」

といった理由で、やらない人が多いです。

 

でも、ここで考えてみてください。

 

やらない人が多いやれば他の人たちと「差」ができる
目立つ稼げる

 

ということです。

しかも、
サイト・ブログアフィリエイト教材「LUREA(ルレア)」の場合、
最終的には、パワーサイト(ロングレンジサイト)に移行していくので、
ショートレンジブログを沢山作るロングレンジサイトへ誘導
ということもできるわけです。

 

なので、
単純で、無機質な感じの、
「激安商品の情報が載せてあるブログ」よりも、

例えば、

「極貧生活の大学生」

による、
「激安家具の買い方」とか、
「パソコンを安く買う方法」ショートレンジブログとして、
量産していけばいいわけです。

 

で、そこから、

 

「極貧生活の大学生がネットビジネスで100万円稼いだ秘訣」
(↑テキトーに例を出しているだけなので、もっと良いのを考えてね)

みたいな、
パワーサイト(ロングレンジサイト)を別で作って、
上手くショートレンジロングレンジと誘導すれば、
濃いアクセスを呼び込むことができます。

 

元々、ショートレンジにアクセスが来ていれば、
ロングレンジを立ち上げた瞬間に、そのまま誘導できるんです。

 

このように、LUREA(ルレア)には、
色々な応用術が使えますので、是非参考にしていただければと思います。

 

☆さらなるスキルアップを目指すなら☆

アフィリエイト ライティング

キャッチコピーの要素を入れて、成約率を爆発的に上げる為の教材や、
魅力的なブランディングで資産型サイトを構築するノウハウを、
当サイトからの特典としてお付けしていますので、
フル活用していただければ幸いです。。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ