パワーサイト手法実践の欠陥。最大の不安要素と、2つの解決法

 

【このまま続けていていいのだろうか】
パワーサイトを運営して稼ぐ上で、
付きまとってくる、最大の不安要素なのではないでしょうか。

今回は、その解決法についてお伝えします。


 

今後も、長期的に通用していく実践法なので、
シッカリと読んでいただければと思います。

 

★そもそもパワーサイトって何★

パワーサイトというのは、
役に立つコンテンツが充実した、記事数の多いサイトの事です。

 

「パワーブログ」
「人気サイト」
「ロングレンジサイト」
「ファクトリーサイト」
「オウンドメディア」
「コンテンツSEO」
「育成型サイト」

 

などなど、人によって、様々な呼び方がありますが、
基本的には、同じ意味だと認識していただければいいです。

 

つまり、
パワーサイトを運営して稼ぐ手法とは、
1つ(あるいは少数)のサイトをコツコツ育成し、
アクセスを集めて、商品を紹介(あるいは販売)して、稼ぐ方法のことです。

 

死に物狂いで、
どんどんサイトを量産していく必要はありませんので、
モチベーションを維持しやすいというメリットもあります。

 

ただ、実践していく上で、
最大の不安要素というものがあります。

 

 

★パワーサイト実践における最大の不安要素★

コンテンツ重視型のパワーサイトを、
作ったことのある人、実践したことのある人なら、
痛感しているかもしれませんが、
実は、最大の不安要素があります。

 

それは、冒頭でも言いましたが、

 

【このまま続けていていいのだろうか】

 

という不安です。

 

まず、
パワーサイトで稼ぐ手法の特性として、
報酬が入ってくるまで、時間がかかってしまいます。

 

検索エンジンが、サイトを評価し、
上位に表示させるまで時間がかかるからです。

 

その間は、「耐える」以外に無いのですが、
やはり、不安がよぎるわけです。

 

「方向性が間違っているのでは?」
「選んだジャンルがダメなのでは?」
「本当に成果が出る(売れる)のか」

 

という感じで。

 

では、どうすればいいのか。
その解決策を提示したいと思います。

 

 

★2つの解決方法★

この不安を取り除く解決方法としては、2つあります。

ちなみに、僕の場合は、両方を取り入れて、
パワーサイトを構築しています。

 

小さなサイトを複数作り、検証しながら稼ぐ

小さなサイトを複数つくる、といっても、
鬼のように量産するわけではなく、検証する方法。

あくまで、
最終的にパワーサイトを作ることを前提として、
小さなサイトを作って、テストするわけです。

「このジャンルはいけるんじゃないか」
「この商品は売れるかな」

といったヒラメキや直感があれば、
10記事~30記事程度のサイトをサクッと作っていきます。

 

作る前の段階で、精度の高いパワーサイトを設計

サイトを作る前の段階で、
しっかりと全体像や方向性を決めて、パワーサイトを作っていく方法。

人間が魅力を感じる心理や、要素を組み込んで、
とにかく、成約率の高いサイトを構築していきます。

以上の方法を意識すれば、
非常に高い確率で、安定的かつ爆発的に稼げる、
パワーサイトを構築することができます。

 

 

★さらに詳しく知りたいのなら★

先ほど紹介した2つの方法を、
もっと詳しく知りたいのであれば、
以下の記事をそれぞれ読んでいただければと思います。

 

小さなサイトを複数作り、検証しながら稼ぐ
さらに詳しく知りたいなら、コチラの記事をあわせてご覧ください。
効率的に稼いでいくステップを学ぶことができます。

 

作る前の段階で、精度の高いパワーサイトを設計
さらに詳しく知りたいなら、コチラの記事をあわせてご覧ください。
僕自身の、膨大な試行錯誤と検証を元に、創り出されたノウハウを公開。
最初から人気サイトとなる条件は、確実に存在します。

 

以上、参考になりましたら幸いです。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ