パンダアップデートとは。その対策/対処法と、名前の由来など解説


パンダアップデートとは、
一体どんなものなのでしょうか?
今回は、
その基本情報や具体的な対策について解説します。


<>

 

 

パンダアップデートとは、
Google(グーグル)で使われている検索エンジンの検索結果を、
より精度の高いものにする為のアルゴリズム(仕組み)のことです。

 

検索エンジンを利用するユーザーが、
より質の高い検索結果を得ることが出来るように、
検索エンジンの仕組みをアップデートしていくデータの名称になります。
「ファーマーアップデート」と呼ばれることもあります。

 

パンダアップデートの開始は、
アメリカから、時間をおいて他国にも展開されていおり、
2011年から不定期にアップデートが行われています。

 

ちなみに、どうしてパンダなのかと言うと、
「白黒はっきりさせる」と言った意味からつけられたそうです。

 

パンダ=色が白黒だからという理由だそうです。

 

もう一つの代表的なアップデートである、
ペンギンアップデート」も、同じ理由で名付けれています。

 

 

★パンダアップデートによるペナルティの特徴★

 

簡単に言えば、
内部対策SEO(内部最適化)を対象とした、アップデートといえます。
質の低い「記事コンテンツ」にペナルティを加えるのが特徴です。

 

逆に言えば、
独自性の高いデータや、調査、研究成果などのような、
有用なサイトの順位を向上させるようにする仕組みでもあります。

 

パンダアップデートによって、
ペナルティを受けたサイトの特徴としては、

 

・他のサイトから情報を抽出しただけのコピーサイト
・ユーザーにとって価値のない品質の低いサイト
・ツールなどで、自動生成した記事のサイト
・情報量が少なすぎる、内容の薄いサイト
 (数行のみのペラサイトなど)
・いいかげんで、信憑性の低い情報が多いサイト

 

などと言われています。

 

 

★パンダアップデート対策★

 

一番の対策は、

 

・訪問者目線の、質の高いオリジナル記事を書く

 

これにつきます。

 

あと、
パンダアップデートで気をつけておきたいのは、
低品質なページ(記事)が、サイト内に大量にあることです。

 

例えば、サイトを作ったばかりの段階だと、

 

・これから画像を入れていく
・これから文章を入れていく

 

など未完成のままアップロードすることもあるでしょう。

 

この時に、未完成なページ(記事)や、中途半端な状態の記事を、
一気に、大量にアップロードすると、
ウェブサイト全体の足を引っぱることになってしまいますので、

 

未完成で低品質なページ(記事)に関しては、

 

・noindexにする
・アップロードしない
・下書きの状態で保存しておく

 

などの処置が有効になってきます。

 

ページ(記事)の内容がしっかりと掲載できた段階で、

 

・noindexを外すようにしたり
・アップロードをするようにしたり
・記事を一般公開の状態にする

 

という風にしましょう。

 

 

質の高いオリジナル記事の書き方を学びたいなら

 

アフィリエイト・ライティング・コンプリートパック

 

「商品レビュー記事」「ハウツー記事」「分類/体系化記事」
「エッセイ記事」「自己紹介/プロフィール記事」「記事タイトル」
など、アフィリエイトを行う上で必要な、
あらゆる種類の記事に対応したパッケージです。

 

パンダアップデートをものともしない、
完全オリジナルの記事を書けるようになります。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ