ブログ記事が思いつかない!ネタが無い!そんな時の6つの対処法


ブログ記事が思いつかない!
ネタが無くて困っている!
というあなたのために、
とっておきの対処法を6つ伝授いたします。


<>

 

 

紹介したい商品=ゴールを先に決めて、
記事を発想していくパターン。

 

例えば、
誰に向けて書くのかを決めるだけでも、

 

・初心者向けなのか、上級者向けなのか
・その商品の存在を知っている人なのか否か
・その商品に興味のある人なのか
・あるいは、その商品を買ったが、
 上手く使いこなせていない人なのか

 

といった発想ができるし、

商品自体の情報でも、

 

・どこがどう凄いのか
・他の商品との比較
・使いこなすための工夫
・メリット、デメリットは?

 

といったことを書くことができます。

 

 

②『記事の種類』で思いつくものを考える

 

どんな「記事の種類」を書くのか、
ということから考えて、ネタを発想するパターン。

 

こちらの「アフィリエイトの記事の種類
で説明している内容を参考に、
様々なアイデアを出してみてください。

 

 

③『時事ネタ』を自分のサイトテーマに合わせて解釈を加える

 

テレビ雑誌ラジオ大手ニュースサイトなどで、
旬な「時事ネタ」を探し、記事を発想するパターン。

 

単にツラツラと、レポートのように書くのではなく、
自分のサイトテーマにあわせて解釈を加えたり、
独自の切り口や考え、気づきなどを盛り込んでいくと、
読みごたえのある記事に仕上がります。

 

 

④『日常の出来事』を自分のサイトテーマに結びつけて書く

 

日常の何気ない出来事に対して、
自分の考えや意見を添えるパターン。

 

注意点としては、
ただの「日記」にならないようにすること。

 

サイトのテーマに結びつけ、
読者が「学び」や「気づき」を得られるように、
工夫をする事がポイントです。

 

 

⑤『思いつかない状況』そのものを実況して文章化してしまう

 

①~④の方法でも思いつかない時に、
思いつかない状況」そのものを実況して、
とりあえず手を動かして書くパターン。

 

「ああ。ネタが思いつかない・・・。
全然だめだ。本当は記事を書くのもダルいのだが、
とりあえず、この状況を書いている。
というか、『ネタ』ってそもそも何なんでしょう。
『発想』『アイデア』って、どういうプロセスで、
生まれてくるのでしょうね・・・etc」

 

という風に、
意外と書いているうちに、
内容が膨らんでいって、面白くなる場合もあります。

 

毎回使えるパターンではないですが、
どうしても、という時には、
使ってみても面白いのではないでしょうか。

 

 

⑥書くのはあきらめて『インプット』の時間に切り替える

 

①~⑤の方法でも思いつかない時は・・・

 

もう、書くのはあきらめましょう(キッパリ)

 

「はぁ?なんじゃそりゃ。参考になるかー!アホか!」

と、言われてしまいそうですが、
落ち着いて聞いてください。

 

思いつかない、ということは、
頭の中にある情報が「空っぽ」になっている可能性も考えられます。
『アウトプット』を限界までやりつくした、ということです。

 

言い換えれば、『インプット』するタイミングですよ、ということです。

 

情報=「食材だとすると、
頭の中=「冷蔵庫
アウトプットして書いた記事=「料理した食品
と考えることができます。

 

食材を使って、たくさん料理すれば、
冷蔵庫の中は空っぽになりますよね。

 

これが『脳』でも同じことが起こっているのです。

 

つまり、情報をまた仕入れれば、
おのずとアイデアが湧き出てきて、記事が書けるようになるわけです。

 

情報を得る手段としては、

 

・書籍を読む
・雑誌を読む
・有力なブロガーの記事を読む

 

等がオススメです。

 

以上です。
是非、参考にしてみてください。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ