LUREA(ルレア)実践!稼ぐサイトを作成する際のイメージ

ブログ・サイトアフィリエイトの王道教材、
LUREA(ルレア)を実践するに当たって、
サイト作成の際にイメージしておくべき事
について解説いたします。

<>

 

まず、LUREA(ルレア)を知らない人のために、
少しだけ説明しておきます。

LUREA(ルレア)は、
3部構成のブログ・サイトアフィリエイト
のノウハウになっています。

 

無料ブログを使った手法。

購買意欲の高いキーワード
(主に「商品名」キーワード)と、
それにマッチした、「誘導案内記事
を書くことで成約に結びつける戦略。

主なASP:楽天、amazon、yahooなど

 

②ミドルレンジ戦略

独自ドメイン(Wordpress、HTML)を使った手法。

一つの商品を掘り下げた詳しい記事や、
コンテンツを充実させたミニ・サイト。
より訪問者の為になる、「商品レビュー記事
を書くことで成約に結びつける戦略。

主なASP:物販ASP(A8、バリューコマース、アクセストレード等が代表的)
情報商材ASP(インフォトップ、インフォカート等が代表的)

 

③ロングレンジ戦略

独自ドメイン(Wordpress、HTML)を使った手法。

よりコンテンツを重視したパワーサイトを作っていく。
商品紹介記事」「情報提供記事」「ブランディング記事
といったあらゆる種類の記事を使って、
見込み客となる属性をサイトに呼び込み、
成約に結びつける戦略。

主なASP:物販ASP(A8、バリューコマース、アクセストレード等が代表的)
情報商材ASP(インフォトップ、インフォカート等が代表的)

 

まあ、簡単に言えばこういう感じです。
ノウハウ本編では、さらに細かいテクニックが満載となっています。

 

これらのサイト構成のイメージを、
メジャーの広告媒体で考えると、

 

①ショートレンジ戦略チラシ、カタログ

②ミドルレンジ戦略 =商品説明のパンフレット、小冊子

③ロングレンジ戦略 =雑誌、専門書籍

 

といった感じです。
こうしたイメージを持つことで、

・どういった役割のサイトなのか、
・訪問者に対してどういう価値を与えているのか

が分かりやすくなるのではないかと思います。

 

また、アフィリエイターによくありがちなのが、
同業者のアフィリエイターのサイトを「手本」にしてしまうケース。
これは、あまり意味がないのでやめましょう。

 

「コメント周りのついでに、
 ライバルのサイトもチェックすることで、
 参考にもなるし勉強にもなるんです^^」

みたいな意見を言う人もいますが…
ハッキリ言って、
アフィリエイターのサイトは参考になりませんし、
レベルが低いサイトが多いですし、
他人のマネばかりして満足している連中が多いのでアテになりません。

 

アフィリエイターの作るサイトなんて、
結局は「アマチュア」です。「インディーズ」です。

 

それよりも、
専門雑誌や漫画、カタログ、パンフレット、ベストセラー書籍などの、
「メジャー」のコンテンツを参考にして、
自分のサイトに取り入れていった方が、
ユニークなものが作れますし、周りと「差」を生み出すこともできます。

 

単に雑誌や漫画を読んで、

「あ~面白かった^^」

で終わるはなく、

「アフィリエイトにどう活かせるかな」

という意識を持つだけで、どんどんヒラメキが出てきます。

 

是非一度試してみてください。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ