ロングテールSEO/ロングテールキーワードとは。考え方と戦略


サイトアフィリエイト、ブログアフィリエイト実践者、
特に、パワーサイト推奨派の方には欠かせない、
ロングテールSEOの基本的な考え方と
戦略について解説いたします。


<>

 

一般的には、
サイトを検索エンジンで上位させる方法をSEOと言い、
サイト作成時に狙ったビッグキーワードでの上位表示を狙う方が多いです。

 

しかし、
検索件数の多い、ビッグキーワードでの上位表示はかなり難しく、
専門の業者が行ってもなかなか上位表示を達成することは難しいのです。

 

そこで取り入れていただきたいのが、
「ロングテールSEO」という考え方です。

 

新規でウェブサイトを立ち上げた時には、
コツコツとSEO対策をしていくことが重要になります。

 

ロングテールSEOとは、簡単に言うと、
ビッグキーワードに付随した、
複合的なキーワード(スモール・キーワード)で上位表示を狙って、
どんどん記事を書いていくことを言います。

 

例えば、検索エンジンでビールと検索すると、
ビールに合わせてこんな言葉でも検索されていますと言う表示が、
検索結果の表示ページの下部に出てきます。

 

これらのキーワードは、
ビールと関連して検索されていることが多い言葉で成り立っているから表示されています。

 

つまり複合的なキーワードを狙って、
ウェブサイトにSEOをかけていくこと、これがロングテールSEOになります。

 

ロングテールSEOを成功させるには、
複合的なキーワード(スモール・キーワード)を、
いかにうまく拾っていくかにかかっていると言えるでしょう。

 

また、複合キーワードを扱うことによって、
専門性の高いウェブサイトにもなりますので、
ブランディングにも良い影響が出てくると言えます。

 

デメリットとしては、単ページではなく沢山のページを作成してくことになりますので、
それなりの時間もかかってしまうことなどがあげられます。

 

★以上を踏まえたロングテールSEO戦略★

 

①パワーサイトであれば、記事数を増やしていく

 

②記事数の少ないサイトであれば、
複合キーワードで狙ったサイトを量産

 

このどちらかの戦略になります。

 

いずれにしろ、重要なポイントは、

検索件数を気にするのではなく、
キーワード(質問)の意図が明確な「複合キーワード」をたくさん拾い、
それに対応した記事(答え)を返していくことです。

 

キーワードと記事の関係についてはコチラの記事を、参考にしてみて下さい。

 

また、こちらの、
ロングテールSEOの方法と効果的なやり方。パワーサイト派は必見
も読んでいただけると、理解が深まります。

 

以上、参考になりましたら幸いです。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ