ロングテールSEOの方法と効果的なやり方。パワーサイト派は必見


ロングテールSEOにおける、
ロングテールとは長い尻尾と言う意味です。
現在、インターネット上で
最も規模の大きなショップとして有名な、
Amazonが成功した理由に
ロングテールをあげる人もいるくらいです。


<>

 

このAmazonを例にとってロングテールSEOを解説してみますと、

通常の書店では在庫を確保するスペースなども問題もあり、
売れ筋の商品のみを並べて売ることになります。

 

しかし、Amazonはあえて売れ筋ではない商品も、
インターネット上で大量に扱うことにしたことによって、
売上の総数を増やし、収益を安定させることに成功しました。

 

売れ筋でない商品に関しては、さほど需要はありません。

 

しかし、こうした細かい人数もサイト全体で見れば多くの人を集めることになります。
この考え方を、SEOにしたものが、ロングテールSEOとなります。

 

サイトアフィリエイトに置き換えると、

 

ビッグキーワードでの表示は下位になったとしても、
複合キーワード(スモールキーワード)をたくさん仕込んでおけば、
サイト全体で、安定的に人を集めることに成功し、
自ずと売上を伸ばすことができます。

 

ビッグキーワードを軸に、パワーサイトを立ち上げながらも、
枝葉となる、マイナーな複合キーワード(スモールキーワード)
含んだ記事を沢山書き、サイトを構築していくことで、
アクセスを安定させるわけです。

 

例えば、

「サイトアフィリエイト」というビッグキーワードを狙いつつ、
「サイトアフィリエイト」に興味がある人が検索するであろう、
マニアックな関連キーワードを沢山入れる

 

「●●ダイエット」(商品名)というビッグキーワードを狙いつつ、
「●●ダイエット」に興味がある人が検索するであろう、
マニアックな関連キーワードを沢山入れる

 

といった感じです。

 

マイナーな複合キーワード(スモールキーワード)は、
検索数こそ少ないかもしれません。

 

だからこそ、
マイナーなキーワードに絞ったサイト作りをしているライバルも少ないと言え、
簡単に検索結果を上位に持ってくることが出来ます。

 

ロングテールSEOの最大のメリットは、
細かい複合キーワードを拾うことで、
ユーザー側の欲求を満たすことも大きくなり、
熱狂的ファンの獲得にもつながっていくことです。

 

どんどんマイナーキーワードを入れて、
パワーサイト
を構築していくと良いでしょう。

 

こちらの、
ロングテールSEO/ロングテールキーワードとは。考え方と戦略
も読んでいただけると、理解が深まります。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ