人気サイトの良い見本/手本/事例を、『初心者』が見ても意味がない?!


「人気サイトを作る為に、
ネット上のあらゆるサイトを見て参考にして、
日々勉強してます!頑張ってます!」
という方がたまにいらっしゃるのですが、
もしあなたが、まだ稼いだ経験のない『初心者』であるとすれば、
むしろ危険な場合がありますので、目を通していただければ幸いです。

★注意!アフィリエイトサイトの見本を「見るだけ」では意味無し★

よく、アフィリエイトの見本となるサイト(ブログ)や、
参考になりそうなサイトを、ただひたすら並べて、
紹介しているアフィリエイターのサイトがあるのですが、
ぶっちゃけ、あまり意味がないです。

 

基礎知識がすでに頭に入っている中/上級者が、
ライバルのリサーチ目的で見るのであれば、
活用することはできます。

 

ただし、

 

「全く稼いだことの無い初心者」

 

の方が見たところで、
ほぼ意味がないと言っていいでしょう。

 

なぜなら、「全く稼いだことの無い初心者」の場合、
以下の問題点にブチ当たるからです↓

 

●問題点:どこをどう参考にすべきなのか分からない
●問題点:間違った部分を参考にしてしまう可能性がある
●問題点:目指すスタイル/方向性を間違える可能性がある
●問題点:そもそも、レベルが高すぎて、参考にすらならない

 

等という事態が起こってきます。

順番に、もう少し詳しく解説していきます↓

 

 

●問題点:どこをどう参考にすべきなのか分からない

「なんとなく凄い」とは感じたとしても、
具体的で、実践に落とし込めるところまで行かない可能性があります。

 

当然、自分のサイトに取り入れて、
実践していかなければ結果が出ませんので、
「感心しているだけ」では、成果に結びつきません。

 

 

●問題点:間違った部分を参考にしてしまう可能性がある

いくら「良いサイト」だとしても、間違っている部分はあります。
完璧であるとは限りませんからね。

 

参考にすべき部分と、
参考にすべきではない部分があるわけです。

 

初心者の場合は、この区別がつかないので、
参考にすべきでない所を徹底的に取り入れてしまい、
余計に稼げなくなるという事態になる可能性が考えられます。

 

 

●問題点:目指すスタイル/方向性を間違える可能性がある

一言にアフィリエイトサイトといっても、
そのスタイルは様々なものがあります。

 

量産型のミニサイトなのか、
資産構築型のパワーサイトなのかによっても、
サイト構成や狙いは全然変わってきますし、

同じパワーサイトでも、
運営スタイルによって、全くと言っていいほど戦略が違うわけです。
(もちろん、共通する部分もありますが)

 

例えば、
物販系の比較ランキングサイトと、
情報発信/教育を主体とした、情報商材系のサイトでは、
あきらかに、サイトの構成が違うわけです。

 

・トップページに乗せるべき情報
・主に書いていくべき記事
・絶対に入れるべきコンテンツ

 

など、細かな違いがあります。

 

↑ココを理解することなく、闇雲にマネをして取り入れても、
何が言いたいのかがよく分からない様な、
チンプンカンプンなサイトになりかねません。

 

 

●問題点:そもそも、レベルが高すぎて、参考にすらならない

初心者の場合、参考にしようと思っても、
スキルが足りなくて実行できない可能性が高いです。

 

「凄い!凄いけど。でも私には無理」
「さ、参考にならねえ」

 

ってなります。

 

良いサイトの事例や見本、手本を見るのは素晴らしいことですが、
確固たる理論や、それを実行する為のスキルが無ければ、
全く意味がありません。

 

これを解決する方法はただ一つ。
とにかく、「学んで、実践し、続ける」ことです。

 

ステップとしては、

確固たる理論や、それを実行する為のスキルを学ぶ

事例をたくさん見てイメージを掴んでいく

という流れが、最も効率的でスムーズです。

 

 

★問題点を解決するにはどうすればいいのか★

では、

 

●問題点:どこをどう参考にすべきなのか分からない
●問題点:間違った部分を参考にしてしまう可能性がある
●問題点:目指すスタイル/方向性を間違える可能性がある
●問題点:そもそも、レベルが高すぎて、参考にすらならない

 

をどうすれば解決できるのか。

 

人気サイトの良い見本/手本/事例を、
最大限に活かす為には、どうすればいいのか。

 

その解決手段として、
『極秘資料』を完成させることに成功しましたので、
ご興味のある方は以下の記事もあわせてご覧ください↓

 

「アフィリエイトサイト(ブログ)の事例/見本を50個!徹底解説付きの極秘資料」

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ