体験レビュー型/実践記/奮闘記で稼ぐ最大のコツ、作り方とは?


今回は、
商品やサービスの実践結果や、
自身の体験/実践記/奮闘記をつづった
パワーサイトのスタイル、
「実践/体験記・スタイル」について、
分かりやすく解説いたします。


<>

 

他のスタイルについても知りたい方は、まず以下の記事をチェック↓

 

 

インターネットで、
商品やサービスの購入を考えている人は、
実際に使った人の「生の声」を聞きたいと思っています。

 

「商品は良さそうだけど、実際どうなんだろ」

 

と思いながら、色々検索して調べているわけです。
そこで効果的なのが、ユーザーによる「実践/体験記」です。

 

訪問者には、

「これは、一般人(素人)の正直な感想だな」
「これなら私にもできそう」

とイメージ/認識してもらうことが、最大のキモになります。

 

デメリットや不満もきちんと明記するようにすると、
「信頼度」が上がります。

 

物販系の商品を紹介するのであれば、

・「3日後、5日後、7日後…」という風に定期的に、写真を撮影する
・自分で撮影した、「素人くさい写真」を掲載する

 

稼ぐ系の情報商材の実践記であれば、

・小まめに「報酬画像」を載せる
・どういった作業をしたのかを詳しく書く

等が効果的です。

 

 


主に構成されている記事の種類

 

主に、「体験/実践記事」で構成されています。
比較的、「売り込み色」の少ないライティングになります。

各記事の種類についての詳細はコチラ
記事とパワーサイトのスタイルの関係についてはコチラ

 

 


効果的なアフィリエイト・プログラムの種類

 


・効果が出るまでに、ある程度時間がかかる
 (時間的リスクがある)
・身体的リスクのある商品
 (体に塗ったり、定期的に摂取するもの)

 

以上のような商品やサービスを、
先回りして購入し、実践し、検証することで、
最大の効果を発揮するスタイルと言えるでしょう。

 

物販系商品であれば、化粧品、サプリメント、白髪染め、育毛剤など。
情報商材系であれば、ダイエット商材コンプレックス解消系など、
実践が伴うものです。

 

先に実践している人(アフィリエイター)が、
成果を出している事例を見せることで、
訪問者は、自分自身が成功するイメージを持つことができ、成約につながります。

 

 


稼げない!NGなサイト構築について

 

NGなサイトは、

 

全く成果が出ていないが、
とりあえず実践していることを伝えるサイト

迷っている奮闘記。実践者自身が迷いながら
書いていて、どうなるか分からないもの
(高額塾の実践記などが多い)

 

です。

 

基本的に、成果が出るという「ゴール」を示すことができなければ、
サイトを見ている訪問者は、商品の購入までには至りません。

 

「なるほど成果が出るんだな」「買おう!」となるわけで、
「うわ、苦労してるな。どうなるんだろ」「買おう!」とはなりません。

「うわ、苦労してるな。どうなるんだろ」「まあ…頑張ってくださいね」
と思われてしまうだけです。

 

奮闘している様子は、読み物としては確かに面白いかもしれませんが、
なかなか成約にはつながりません。

 

まあ、一つの戦略として、
例えば、成果が出なかったとしても、
「アフィリエイト高額塾」の面白い実践奮闘記を書いて、ファンを集めておき、
後から立ち上げた、メインの情報サイトに誘導する、といった使い方はあります。

 

ただし、
いずれにしろ、成功していないと意味がありません。
その高額塾で成果が出なかった場合は、

 

「高額塾では成果が出ませんでしたが、
後から、この情報教材を買って実践し成功しました。
そのノウハウを記事として公開していきます」

 

といった誘導をしないと意味が無いです。

 

 


どんな人に向いているか

 

このスタイルの場合、本当に使っていたり、
商品やサービスに思い入れが無いと、良い記事が書けません。

ですので、

 

実際に、商品を使って、
それを人に伝えることが好きな人

または、身近に使ってくれる人に頼んで、
その人から正直な感想をもらえる環境にある人

いい商品を人に伝えることに喜びを感じる人

 

であれば、チャレンジする価値はあります。
時間はかかりますが、極めて成約率の高いスタイルです。

 

↓他にもパワーサイトコンテンツについて読みたい方は目次をチェック↓

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ