文章が苦手な人へ!克服する秘訣と解決法。理由や原因を探ってみた


「文章が苦手で克服したい」
「作文が苦手でトラウマ。どうにかしたい」
「上手く文章が書けるようになりたい」
という方は、意外と多いのではないでしょうか。
僕のところにもよく相談が来るので、
理由や原因を探りつつ、その秘訣や解決法を考えてみました。


<>
 

当サイトでは、
ネットビジネスで稼ぐ事をテーマとしているわけですが、
成功する上で重要になってくるのが「文章」

つまり、文章を書くことに苦手意識を持っている人は、
これを克服しなければ、かなり厳しいわけです。

というわけで、
今回は、文章が書けない最大の原因の一つ、

文章の組み立て方、文法等が支離滅裂で恥ずかしい

について、掘り下げていこうと思います。

 

★理由&原因★

文章力を高める上で、一番重要なのは、
「書く」ことです。

書いて書いて書きまくることです。

でも!

まず、文章が苦手だという人の中で、
圧倒的に多いのが、

そもそも国語力が乏しく、文法もメチャメチャで、
何を伝えたいのかがさっぱり分からない

というもの。

そうすると、

・文章を書いてみる

・誰かが見て、下手くそだと言ってくる
 馬鹿にされる

・傷つくし恥ずかしい。メゲる。もうイヤってなる

文章をほとんど書かなくなる

書かないので上達しない。下手くそなまま

という悪循環に陥ってしまいます。

これを、どうすればいいのか↓

 

★秘訣&解決法★

もう、これは簡単。
上手い文章の書き方を学べばいいだけです。

文章を書く=産まれ持った才能

だと思い込んでいて、あきらめている人も多いのですが、
残念ながら、才能ではありません。
いっさい関係無いのです。

「みんなが感動するような文章で、
 素晴らしきストーリーを描き出す」

というのが目的であれば、才能は必要かもしれません。
有名な脚本家とか、売れっ子の作家とかですね。

でも、これは、文章を書く才能と言うよりは、
作品を作る才能なわけです。

「文章を組み立てる」ということに関しては、別です。
才能は全く関係ありません。

文章の書き方、組み立て方の知識を、
知っているかどうか。ただそれだけです。

 

★オススメの教材★


★人の心を動かす文章術★

小論文指導の第一人者として、
20年以上に渡り、10万通以上もの文章を添削してきた、
樋口 裕一氏による文章術。

具体的文章テクニック+実際の添削事例

という構成になっているので、
イメージがつかめる上、マスターしやすい内容となっています。

 

★他のライティング教材も比較するなら★

ライティング教材

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ