ポジショニング戦略への活用事例。マジカルナンバー7±2でライバル把握!

posi

 

はじめに。「マジカルナンバー7±2」の法則のおさらい

今回は、「マジカルナンバー7±2」の法則を活かして、
ライバルを把握する為の戦略について解説していきます。

忘れたよ、って方は、
「「マジカルナンバー7±2」の法則とは。不思議な認知の法則」
もう一度読んでみてください。

では、いきます。

 

ポジショニング戦略の意味と、活用事例

ポジショニングの意味は、
市場で、どの様な立場(ポジション)/カテゴリで、
ライバルと競争するのかを決めること。

 

このポジショニング戦略を行うにあたって、
「マジカルナンバー7±2」の法則を使うわけです。

 

単純な話、自分が取り組もうとしている方向に、
ライバルがすでに7人以上いないかをチェックしてください。

 

例えば、
特に、「稼ぐ系」の情報商材を扱っているアフィリエイターに多いのですが、
以下のようなブログタイトル。

 

「情報商材アフィリエイトで稼ぐブログ」
「情報商材アフィリエイトって稼げるんだよ」
「情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法」
「誰でも分かる。情報商材アフィリエイト」

 

同じようなブログタイトルでやっているんです。

 

しかも何百人もいて、
しかも同じ商材を紹介し、
しかも同じような特典を付けて、
しかも同じような文章を書いて、
しかも同じようにコメント周りして、

 

これだと、誰から商品を買っていいかわからないわけです。
買われたとしても、「たまたま」です。
たまたま買われることを願って、
記事更新とか、メルマガ発行とかしたいですか?

 

このような状況から脱却するために、
ライバルがすでに7人以上いないかをチェックして、
被らないように工夫し、ポジショニング戦略を考えるわけです。

 

究極の戦略は『独自の世界観』。これが最強!

先ほど、
「マジカルナンバー7±2」の法則を使った、
ポジショニング戦略について説明しましたが、
実は大きく分けて、2通りの戦略があります。

 

戦略1:
すでにいる7人と真っ向勝負し、頂点を狙う

 

戦略2:
『独自の世界観』を作って新たなカテゴリを作り、最初の1人になる

 

どちらを選びますか。

 

実力があれば、「戦略1」で勝負していけばOKですが、
後発組として一気に結果を出したいのであれば、
簡単かつ最強の方法は、「戦略2」です!

 

※ちなみに、
「アフィリエイト後発組でもOK。参入者が増えても稼げる2つの『差別化』」
の内容ともつながって来ます。
「戦略1」は、『改善的差別化』「戦略2」『革新的差別化』といえます。

 

他者と『差』を生み出す、カテゴリの作成事例

カテゴリを作る目安としては、

・誰に向けて発信しているか
・どういうジャンルでいくか
・どういうコンセプトを作るか

等を判断基準にします。

 

例えば、

「誰に」を考えてみても、
・初心者なのか、上級者なのか
・副業を始めたい主婦なのか
・忙しいサラリーマンなのか
・学生なのか
・ニートなのか
・イケイケのギャルなのか
・韓流好きのおばちゃんなのか

 

「ジャンル」を考えてみても、
・短期的な即金を得たいのか
・長期的な不労所得を得たいのか
・アフィリエイトなのか
・オークションなのか
・投資系なのか

色々あります。

 

それぞれのターゲットによって、
当然、メッセージも変わってきます。
薦める商品も変わってきます。
商品の紹介文も変わってきます。

 

とにかく、ライバルが誰なのかを把握して、
強烈なポジションを確立していきましょう!

 

今回は以上となります。
参考になりましたら幸いです。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ