金持ち父さん貧乏父さんの、Bクワドラントへ行く一番簡単な方法は?


ロバート・キヨサキ
「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」
を、一度でも読んだことがある方は、
おそらくBクワドラントという言葉は、
ご存知だと思います。


<>

 

Bクワドラントとは何なのかが分からない方のために、
まずは、キャッシュフロークワドラントについて、
ザッと説明しておきます。

 

キャッシュフロークワドラントとは、
収入源の流れ(キャッシュフロー)を、
4つの属性(クワドラント)に分類したものです。

左側の、
Eクワドラントと、Sクワドラントは、
収入が上がるにともなって、労働時間増えていきます。

いわゆる「時間」を切り売りする、労働型の仕事です。
一般的な「就職」は、基本的に、Eクワドラントです。

 

右側の、
Bクワドラントと、Iクワドラントは、
収入が上がるにともなって、労働時間減っていきます。

「資産」を積み上げて運用していくので、
後から「時間」は自由になっていきます。
「仕組み」を作る仕事です。

 

ロバート・キヨサキ氏は、
「左側」から「右側」に移行することを推奨しています。

 

大抵の人は、最初は「左側」からスタートするわけですが、
同時進行で「右側」のビジネスにも取り組み、
最終的には「お金」「時間」も、自由になるべきだと主張しています。

 

「右側」Iクワドラントは、「投資家」とはなっていますが、
ロバート・キヨサキ氏いわく、
一般的なFXや株は、ギャンブルにすぎないと言っています。

ここで言う「投資家」とは、
ウォーレン・バフェット級の、億単位の資産を動かす「投資家」を指します。

 

なので、
まずは、Bクワドラントへの移動が得策といえます。

 

Bクワドラント(ビジネス・オーナー)とは、簡単に言えば、
「自分がいなくても、収入が入る会社/システムを持った人」
のことです。

 

「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズの中では、
Bクワドラントへ移行する方法として、
以下の3つが挙げられています。

 

①システム化されたCタイプの会社
 (日本で言えば株式会社)を所有する
②フランチャイズ権を購入する
③ネットワークビジネス(MLM)に参加する

です。

 

でも、僕が考える限り、
これらがBクワドラントへ移行する方法の全てではありません。

ということで、
不労所得/権利収入の種類。一番ラクな方法はどれ?
何から始めればいい?

の記事で不労所得/権利収入の種類について、細かく検証していきます。
是非、ご興味のある方は、読み進めてみてください!

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ