ビジネスで成功する為の、たった一つの原理。稼ぐための絶対的成功法則


ビジネスで成功する為の、たった一つの原理

今回は、「稼ぐ」という、
根本的なことについて話します。

これがズレると、全てがおかしな方向に行ってしまいます。
いくら良いサイトを作っても稼げない、ということになってしまいます。
アフィリエイトをする以前に、頭に叩き込んでおく必要があります。

メチャクチャ大事な話ですので、
耳の穴かっぽじって、よーく聞いてください。

ビジネスで稼ぐには、

・コピーライティングを学びましょう
・マーケティングを学びましょう
・SEOを勉強しましょう
・お客様に有益なコンテンツを・・・
・顧客サービスを充実させないと!
・特典をいっぱいつけないと
・デザインがカッコよくないと

などなど、ゴチャゴチャ言ってる人がたくさんいます。

ですが、結局のところ、
お金が入る理由、稼ぐための原則は、実はとてもシンプルです。

 

もう、一文字で表せます。

 

漢字一文字です。

 

ひらがなでも一文字です。

 

発音でも一音です。

 

なんだと思いますか?
考えてみてください。

 

答えは↓↓

 

 

「差」

 

 

これです。
この一文字だけです。

 

ぶっちゃけ、この一文字を心に留めておけば、
絶対に稼げます。お金が入ります。

 

『差』を生み出し、注目を集める能力 =リマーカブル・スキル
これが無くては、絶対に稼げないし、長続きはしない!!

 

人は『差』に注目し、『差』を感じなければ行動しない

 

では、具体事例を交えてイメージしてみましょう。

  • 一般の勤務先に美人が一人いれば注目が集まるし、人気となる。
    でも、美人だらけのモデル業界に入ってしまうと注目されない。
    美人というだけでは『差』が生まれないため。
    美人という以外に『差』を生み出す要素(キャラ、演技力など)が必要となる
  • 町にコンビニが一つだけしかなければ、注目が集まるし繁盛する。
    でも、同じようなコンビニがたくさん増えてくると注目されない。
    同じような品ぞろえ、サービスを提供しているだけでは『差』が生まれないため。
    それ以外の要素で『差』を生み出す必要がある。
    店員の接客力とか、独自のキャンペーンとか、店長のキャラとか。
  • 日本語をしゃべれるだけの、なんの取り柄もない普通の日本人でも、
    日本人が全くいない外国に行けば、日本人というだけで注目される

つまり、いくらクオリティが高くても、
『差』がなければ注目されないし、 例えクオリティが低かったとしても、
『差』さえあれば、注目されます。

 

人は必ず『1番』を選ぶ。まがい品を嫌う 

  • 「安さ」を求めて買い物をする場合は、1安いものを選ぶ
    「品質」を求めて買い物をする場合は、 1高品質なものを選ぶ
  • 「安さ」もそこそこ、「品質」もそこそこでいいという場合でも、
    安さも品質そこそこという条件の中の1を選ぶ
  • iPadは買うが、iPediPudみたいなまがい品は選ばない。
    また、 iPadの顧客が、 iPediPud に流れることもない。
  • 「私、36番目に好きな人と付き合いたいわ!」という人はいないし、
    カレー食いてえ。467番目に美味しいカレー屋さんに行こうかな♪」
    という人もいない。

人は基本的にをしたくないので、必ず1を選ぶ。
そして、1がどれなのか判断がつかずに、迷った場合は、何もしないという選択肢をとる。

 

 

注意点:逆の方向で、悪い意味で目立っても意味がない

  • 逆の方向で、悪い意味で目立っても、注目はされる。
    でも長続きはしないし、悪評が広まるだけで短期的に終わる。
  • ネットビジネスでいえば、
    「皆がデザイン綺麗だから、汚いデザインで目立つのでは?」とか、
    「皆がライティング上手いから、逆に下手くそだったら目立つのでは?」
    というのはダメ。確かに目立つ可能性はあるが、相手にされない。

周りよりも上のレベルで、プラスアルファする形でつけるのが原則。

 

ネットビジネスで稼ぐのであればなおさら重要!

 

  • ネットビジネス業界は特に『差』が重要。
    検索エンジン、SNS上で、簡単に比較できてしまうため。
    サル真似だけしていても、「ああ…またコレか」と思われて終了。
  • 実店舗の場合は、広まる速度が遅いのでまだマシ。
    例:北海道の店舗を真似して、他の都道府県に広まっていっても、
    ネット上よりは、広まり方はゆるやか。
  • ほとんどの人はできていない。
    特に同じジャンル内で、サル真似し合ってばかり。
    カリスマ的な人がでると、馬鹿の一つ覚えのように真似。
    飽和して、稼げなくなったら、自分で考えて行動できない。
    また新たなカリスマが出るのを待つことしかできない。

こんな状況だからこそチャンス!まともにやっていれば余裕で勝てる。
「なぜ『差』を生み出せる人が少ないのか」についてや、
『差』を生み出す思考/ノウハウについては、別の動画で細かく解説します。

 

終わりに。クドイかも知れないですが…

 

とにかくビジネスで稼ぐために、もっとも重要な原理は『差』。

「みんなとおんなじ~!アハハっ」などと安心している場合ではない。
『仕掛けられる側』ならこれでもOKだが、
『仕掛ける側』にまわって稼ぐのであれば、言語道断。笑止千万である。

習慣化させるために、忘れないために、
額に『差』と書いて生活しても良いくらいである↓

niou

 

 

今回は以上となります。
他のコンテンツとも密接につながっている重要項目ですので、
是非何度も復習し、腑に落としていただければと思います。

*ネックネーム可
*メールアドレス