LPO対策の方法とコツ。無料で出来る超強力な5つの対策を伝授


今回は、
無料で出来る超強力な、
LPO対策5つ、伝授いたします。


<>

 

「LPO対策って何?」
という方は、コチラの記事で詳しく解説していますので、
あわせて読んでいただけると幸いです。

 

では、具体的な対策について、解説していきます。

 

 

これはもう、LPO対策の基本中の基本です。

 

上位表示を狙うキーワード、すなわち、
ユーザーが検索窓に打ち込むキーワードと、
記事に書いてある内容をマッチ(きちんと一致)させる

 

というものです。

 

狙うキーワードは、
基本的には、記事のタイトルに含ませます。
そして、なるべく左側に、狙うキーワードを配置します。

 

例えば、
今あなたが読んでいるこの記事であれば、

「LPO対策 コツ」
「LPO対策 方法」

などのキーワードで狙っています。

 

よって、

「LPO対策の方法とコツ。無料で出来る超強力な5つの対策を伝授」

というタイトルにしています。

 

キーワードと記事のマッチについては、コチラの記事で、
「質問」「答え」という例えで分かりやすく解説していますので、
あわせて参考にしてみてください。

 

 

対策②サイトのターゲットを明確にする

 

サイトに呼び込みたい訪問者(ターゲット)を、
明確にするという方法です。

 

シンプルですが、極めて強力です。

 

ターゲットを明確にすればするほど、

「これは俺の為のサイトだ!」
「まるで、私のために書かれた記事みたい!」
「そう!こういう情報を求めていた」

と、感じさせることができ、訪れたユーザーを逃しません。

 

メッセージ(記事の内容)も突き刺さるものが書けますし、
リピーターや濃いファンの獲得にもつながります。

 

分かりやすい方法としては、

・ジャンルを絞って専門性を高める

というやり方が、一番シンプルです。

 

 

対策③カテゴリ、メニューを分かりやすく整理

 

多くのウェブサイトで行っていることですが、
サイドバーや、記事下サイト下部等に、
共通したカテゴリや、メニューがあります。

 

このメニューは、ユーザビリティを充たすのと同時に、
ちゃっかり、LPO対策にもなっています。

 

特に、一番目が行きやすい、
サイドバーのカテゴリが重要になります。

 

解りやすいメニューを設置することで、

・各ページにユーザーを、スムーズに誘導できる
・サイト滞在時間を伸ばすことができる
・他の記事を読んでもらうことで、
 サイトで紹介している様々な商品を
 買ってらえる可能性が高まる

といったメリットもあります。

 

 

対策④タイトルバナーでコンセプトを明確に説明

 

前述の、
対策②サイトのターゲットを明確にする
とあわせることで、効果を発揮する対策になります。

 

タイトルバナーとは、コレの事です↓

 

基本的に、タイトルバナーは、
どのページにたどり着いても、共通して表示される部分になりまし、
一番、目に飛び込んでくる部分でもあります。

 

ここで、

・誰に向けた、誰の為のサイトなのか
・どういう情報を解決できるサイトなのか

など、コンセプトを明確に説明しておきましょう。

 

そうすることで、
「なんのサイトかな…。ここの情報は信頼できるのかな」
という、訪問者の迷いや不安を、一瞬で消すことができますし、

 

さらに、画像を使って、
訪問者(ターゲット)にマッチした「雰囲気」を作ることで、
一気に信頼性を高めることができますので、ファン獲得にもつながります。

 

 

対策⑤ライティング力を強化する

 

LPO対策を、より強力にしていくためには、
「ライティング力」が不可欠です。

 

対策①~④を、より強化することができます。
例えば、

対策①狙ったキーワードと記事内容をマッチさせる
魅力的な記事タイトルの付け方や、
記事の書き方が上達すれば、効果は増大します

 

対策②サイトのターゲットを明確にする
ターゲットに突き刺さるようなメッセージ(文章)の
書き方が上達すれば、効果は増大します

 

対策③カテゴリ、メニューを分かりやすく整理
思わずクリックしたくなるようなカテゴリ名を書ければ、
さらに効果は増大します

 

対策④タイトルバナーでコンセプトを明確に説明
コンセプトの説明の仕方が上手ければ、
さらに効果は増大します

 

といった感じです。

 

アフィリエイトに必要な、ライティング力を強化するなら、
以下で紹介している教材がオススメです↓

 

 

以上です。
是非、積極的に取り入れてみてください。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ