『つながりバランスの法則』。一つ一つがかみ合ってこそ成果が出る

今回からは、『真のモテ・メディア運営講座』の、【モテモテ思考編】のスタートということで、
インターネット・ビジネス/メディア運営と照らし合わせながら、
「どのように考えて取り組めばいいのか」について説明していきます。

【モテモテ方向編】では、「方向性」を説明しましたが、
【モテモテ思考編】では、どのうように「思考」する(考える)のか。
それをしっかりと、「稼ぐ=モテる」と置き換えて、お伝えしていきます。

初心者は見逃しがち!『つながりバランスの法則』

僕が昔、「モテモテになるぞお!」と意気込んでいた時に、
よく雑誌やテレビで見かけたのが・・・

「モテる男は、このスタイリッシュなノートパソコンを持っている!」
「今、メガネ男子がモテる!モテる眼鏡はこれだ!」
「眉毛を綺麗にカットすれば、あなたもモテる」
「この香水を付ければ、あなたもモテる!」
「この出会い系アプリを使えば、あなたも、モテるッ」

みたいなもの。

僕も、必死になって、こういうのを取り入れてた時期がありました。
極太のゲジゲジ眉毛を、頑張って整えていましたよ。
「シャキーン!」って感じで、細めのシャープな眉毛にしてました。

でも、ある時に「はっ」と気が付くんです。
眉毛を「シャキーン!」ってしてるのに、全然モテないってことに・・・。

なぜか。

眉毛だけ「シャキーン!」ってしていたからです。
眉毛さえカッコよくすれば、モテると思っていたのです。

よくよく考えてみたら、当たり前ですよね。
だって、眉毛だけが、やたらカッコよく決まってるけど、
服がクソダサくて、話もクソつまらなくて自慢話まみれなヤツどうですか。

つまり、「モテる」というのは、トータルのバランスなのです。
一つ一つの要素がきちんとつながって、全体のバランスが整ってこそ、
初めて「モテる」という状況がスタートするのです。

コチラの記事で、「生理的に無理な男」3つの要素を説明しましたが、
僕の場合、眉毛だけが「生理的にOK」になっていて、
あとの要素は、「生理的に無理」なままだったわけです。

ただ、ここで誤解しないでいただきたいのは、
「眉毛を整える」ことが悪いというわけではありません。
身だしなみをよくするという意味では、モテる方向には進んでいます。
ただ、それは「一部」であって、そこだけ変えても意味ないよ、ってこと。

眉毛で考えると、
「そんなん当たり前じゃん。YUSUKEさん馬鹿なの?」
って思うかもしれませんが、インターネット・ビジネスに置き換えた瞬間、
分からなくなる人が急増してしまうのです。

インターネット・ビジネス/メディア運営に置き換えたらどうなる?

インターネット・ビジネス/メディア運営ですと・・・

「SEOで上位表示されれば、稼げる」
「ライティングさえ上手ければ、稼げる」
「ウェブデザインがカッコよければ、稼げる」
「キーワード選定が上手くいけば、稼げる」

みたいなもの。

初心者の方は、こういった「●●さえやれば稼げる!」みたいな教材に、
騙されやすい傾向にあります。
これから始める方にとっては、専門用語がいっぱいなので、分からないんです。

専門用語が分からないので、
「専門家っぽい人が言っているから、たぶん間違いないのだ!」
と信じ込んで、騙されちゃうんです。

ですから、今後、分からない専門用語が出てきた時は、
意味の分かる言葉にそのまま置き換えてみれば良いかと思います。
「SEO=眉毛」「ウェブデザイン=みたいな感じで。

先ほど出した例の眉毛と同じで、
「一部だけよくしても、稼げないんだな」と理解をしていただければOKです。

イメージしていただくために、PABLO STYLEでの事例で説明しますと・・・

一応、以下の記事で、キーワード/記事/商品に関する事を書いています。
成約型ASPアフィリエイトで威力を発揮。『メカニカル・メソッド』とは
これも、『つながりバランスの法則』に基づいた発想です。

PABLO STYLEのオススメ教材一覧を見ていただいても分かると思いますが、
有料企画がガッツリとしたボリュームになっているのは、
一部の要素だけでなく、全体で理解してほしいというのがあります。

ツールなどの一部を強化するものをご案内する場合も、
「これだけでは稼げないですよ」
「●●が出来ている人が、あわせてご活用ください」
的なことを強調しているのはそのためです。

「●●さえやれば稼げる!」みたいなアピールをしたほうが、
シンプルなので、初心者の方には響きやすいのが事実なのです。
ただ、先ほどの眉毛と同じで、「あまり意味ないよな」と分かっているので、
『つながりバランスの法則』を意識しています。

インターネット・ビジネス/メディア運営に限らず、
もしあなたが、ダイエットや筋トレなどを始めたい場合も、
『つながりバランスの法則』を意識して学んでみると良いかと思います。

「一部」だけ、サクっと学んだほうが、
簡単そうで近道に思えるかもしれませんが、実は逆だということ。
全体をとらえて、つなげて、バランスを整えていった方が、最速です。

最後に。深めの話。東洋的発想と西洋的発想

最後に少し深めというか、難しいお話をしますが、
この『つながりバランスの法則』は、どちらかと言えば東洋的な発想になります。

まあ、厳密には、世界には色んな思想があるのですが、
世界の文明/文化をザックリと大きく分けると、東洋西洋に分かれます。
(おおざっぱですが、こう考えると分かりやすくなるため)

西洋の場合は、「一部」を強くして、問題を解決しようという傾向があります。
医学の面でも、西洋の場合は、「●●に効く薬」「臓器の一部を除去」など、
「一部」をなんとかしようとする傾向があります。いわゆる対処療法

人生(生き方)の面でも、「個人主義」の傾向が強いです。
「個人」(世界から見たら一部)を強めていこうとする傾向があります。

東洋の場合は、「全体」をとらえて、つながりやバランスを見る傾向があります。
医学の面でも、東洋の場合は、「ツボ」「経絡(けいらく)」など、
カラダ全体を一つととらえて、治そうとする傾向があります。いわゆる根本治療

人生(生き方)の面でも、「集団主義」の傾向が強いです。
「個人」は、集団(世界)の一部であって、
その中でどう立ち回り、どう生きていくのかを考える傾向があります。

一昔前までは、西洋的発想が強い傾向があったのですが、
これからの時代は、東洋的発想が重要視されていく傾向にあります。
どっちが良いとか悪いとかではなく、東洋西洋、両方を取り入れながら、上手くやっていきましょうという感じ。

このあたりにも意識を向けながら、ビジネスだけではなく、
色んなものを観察してみると、新たな発見があって面白いと思います。

ではでは、今回はこの辺で!それでは、また☆

*ネックネーム可
*メールアドレス