「テンプレ思考」はやめろぉ!モテないからやめろぉ!稼げないからやめろぉ!

なにを隠そう、この僕自身が「テンプレ思考」でした。
「テンプレ思考」とは、「テンプレート思考」の略。
テンプレートとは、決まり切った形みたいなものを意味します。

つまり、めちゃくちゃ簡単に、どストレートに言うと、
「決まり切ったことしか考えられない、クソみたいな思考」
ということになりますね。

「決まり切ったことしか考えられない、クソみたいな思考」の男
こういうやつは、2000%女性にモテません。(僕の実体験!)
今回は、そのことについてお話したいと思います。

今回の記事と、次の記事は、【前編】【後編】といった構成なので、
次の記事も続けて読んでいただくことをオススメします。

「テンプレ思考」を求めまくる、モテない人の心理とは

「テンプレ思考」を恋愛で言うと、以下のような感じです。

「失敗しないデートコースの順番はコレだ!」
「女性が足を組みかえたら、●●のサインである(断定)」
「初デートにジーパンで来る女性は、▲▲だ!(断定)」
「3回目のデートで告白しよう。夜景の見える高級レストランを予約しよう」
「告白のセリフは、この順番で言えば間違いなし」

↑こういうやつです。
情報バラエティのTV番組や、雑誌とかでもよく見られるやつです。
「マニュアル思考」と言い換えることもできます。

こういうのって、ウケが良いし、モテない人に限って、
「こ、こ、これは凄い情報だあ!価値があるぅ(メモメモ)」
と思い込んで、必死に暗記しようとします。
僕自身が、目を血走らせながら、暗記してたからよく分かります(笑)

これは僕の実体験からの内容なので、必ずしも全員が全員そうとは限らないのですが、
「テンプレ思考」を求めまくる心理というものがあります。

 

それは・・・

「テンプレ思考」を求めまくる心理=「ラクがしたい」です。

●考えるのが面倒だ。ラクがしたい・・・
●失敗したくない。ラクがしたい・・・
●相手の心理&考えを読むの疲れる。ラクがしたい・・・

まあ、気持ちは分かります。だって人間だもの
ラクがしたいに決まってんじゃん。だからウケが良いんですよ、万人に

でも!この「テンプレ思考」には、2つの大きな欠点があります。

●欠点①:予想外の事が起こると、パニくる。応用できなぁ~い。
●欠点②:上手くいったとしても、なんか退屈。つまんなぁ~い。

例えば、先ほどのデートの例で言うと・・・

行こうとしていたお店が閉まっていたら、パニくります。
食べログで「美味しい」と評判の店に行って、クソまずくて、パニくります。
クソまずい料理を食べた女性が不機嫌になり、それを見て、パニくります。
店を出て、急に雨が降ってきたら、パニくります。

↑こんなに、パニくっていたら、モテません。
余裕がなさそうで、頼りない印象を与えますし、応用が効かないからです。
これが、欠点①のパターン。

欠点②のパターンは、逆に上手くいきすぎている場合です。
「え? なんでなんで。上手くいってスムーズで良いじゃん」
と疑問に思うかもしれませんが、これもあまりモテません。

なぜなのか。

それは、多くの女性は、「退屈」が嫌いだからです。
ちょっとした「刺激」が欲しいのです。
※まあ、男性も含め、人間は「退屈」が嫌いな生き物ですが。

デート中なので、直接は言って来ないことが多いですが、
心の中ではこう思っているのです↓

「ああ・・・それ、雑誌に載ってたデートコースね。無難ね」
「他の人と同じ。つまんない。なんか物足りないのよね」
「良い人ではあるの。良い人なんだけど・・・なんか、ドキドキしないのよ」

そして、だんだん誘っても来なくなって、何も言わずに去っていきます。
モテない男性は、哀愁が漂って終わりです。「男はつらいよ」です。

では、これをインターネット・ビジネス/メディア運営に当てはめると、
どのような感じなのか、説明していきます。

インターネット・ビジネスにおける「テンプレ思考」って何?

「テンプレ思考」な人が、メディア運営をスタートすると、
以下のような質問をしがちになります。

「記事はやはり、1000文字以上でしょうか。それとも2000文字ですか」
「この記事の場合、動画を入れた方が良いでしょうか」
「見出しにはキーワードをどのくらいの数を入れればいいですか」
「どのタイミングで画像を入れて、どう誘導するのが正しいでしょうか」
「まずはトレンドブログを作り、その後、情報発信でしょうか」

・・・まず、こんな感じで、めちゃくちゃ細かい(笑)
コンマ1ミリ単位でも、間違わずに確実にやりたいのでしょう。
まあ、なんとなく気持ちは分かりますが。

さらに、「テンプレ思考」2つの大きな欠点に当てはめてみましょう。

●欠点①:予想外の事が起こると、パニくる。応用できなぁ~い。●

実際に「パニくる」とは違うかもしれませんが、
多すぎる「情報」の波におぼれて、なにをしていいのか分からずに、
右往左往しているケースはよく見かけます。

特に、インターネット・ビジネスは、次から次へと新しいテクノロジーが生まれ、
状況が変わっていくスピードも速いですし、新しいノウハウもどんどん出てきます。
そうすると、混乱してしまうのでしょう。

「書くのが好きで、ブログの運営の教材を今実践している」

「今は動画が熱いという情報が飛び込んできた」

「ブログを続けるべきか、動画のノウハウを買って実践すべきか悩む」

とにかく「マニュアル通り」に実行することしか考えていないので、
こういった感じになりがちです。

●欠点②:上手くいったとしても、なんか退屈。つまんなぁ~い。●

これは「王道教材」みたいなものが流行りだすと有りがちなんですが、
みんなが「マニュアル通り」に、実践し始めるので、
同じようなサイト(ブログ)が大量に発生するというケース。

また、どこかのネットビジネス系の「塾」「コンサル」が流行った場合、
塾生やコンサル生のサイト(ブログ)、メルマガなどが、
全てほぼ同じ感じというのもありますね。

こうなると、一番儲かるのは、「塾長」やコンサルの「親玉」です。
その他大勢は、激しい競争に巻き込まれます。正に以下のような状態↓

【モテモテ方向編】のコチラの記事で詳しく説明しています。

【後編】へ続く。「テンプレ思考」から「モテモテ思考」へ

今回は、【前編】ということで「テンプレ思考」について解説しましたが、
いかがでしたでしょうか。なんとなくイメージは掴めましたか?

昔は、インターネット・ビジネス、メディア運営をする人自体が少なかったので、
ゴリゴリ「テンプレ思考」でも通用した時代はありましたが、
これだけスマホも普及し、メディアが乱立している現代の状況では、
競争も激化し、今後、ますます厳しくなっていくかと思います。

2タイプ「モテ方」(稼ぎ方)で当てはめると、
「テンプレ思考」=『その辺の都合のイイ男』になりがちだからです。
【後編】で説明する「モテモテ思考」は、『他とは違うイイ男』の方向です。

ではでは、次の記事でお会いしましょう!
それでは、また☆

*ネックネーム可
*メールアドレス