『必殺本気固め』。何もしない「意識高い系」で終わらせないために。

今回は、【モテモテ思考編】の最後ということで、
『必殺本気固め』という技を伝授します。

【モテモテ思考編】で、以下の内容をお伝えしましたね。

『つながりバランスの法則』。一つ一つがかみ合ってこそ成果が出る
「テンプレ思考」はやめろぉ!モテないからやめろぉ!稼げないからやめろぉ!
「モテモテ思考」を鍛えよう。飽きないヤツは、商い(あきない)も上手い?!

ただ、これらを読んだだけだと、「意識高い系」で終わってしまいます。
ここで言う、「意識高い系」というのは、「意識だけが、高くて満足してるヤツ」です。

そんな「意識高い系」で終わってしまわないためにも、
今回の『必殺本気固め』を習得していただきたいと思います。

初めて「美容室」に行った19歳のあの頃。そこから変わった未来

一応、『真のモテ・メディア運営講座』なので、
最初に「モテる」に関係することを、少しだけお話ししたいと思います。
(あとにつながる話なので、ご安心ください)

僕が「モテたい」と思っていた19歳の頃、「モテる方法」の勉強もしていましたが、
「身だしなみが重要だ」ということを知って、
初めて「美容室」というオシャレな空間に行くことを決めました。

「美容室くらい、フツーに行けよ!」と思うかもしれませんが、
ダサダサでモテない、当時の僕にとっては、
「美容室に行く」=「高層ビルから飛び降りる」くらいの勇気のあることだったのです。

だって、それまでは近所の「床屋」で髪を切っていたわけですから。
オシャレすぎる「美容室」は、自分にはふさわしくないと思っていたのです。

「美容師さんに、ダサいやつが来たって思われたらどうしよう」
「本当に、カッコよくなれるのかなあ・・・」
「見た目だけよくなっても、意味ないんじゃないか」
「もしカッコ良くなっても、モテなかったら無駄になるかも・・・」

↑こんな感じで、色々な不安が頭をよぎりました。
何度も何度も悩んだあげく・・・

「でも、やっぱり変わりたい!モテたい!」

という強い思いを大切にして、勇気を出して、予約の電話をしたのです。
当時は「スマホでネット予約」もできなかったので、電話をするしかありませんでした。

緊張で声を震わせながら、
僕:「カ、カ、カットと、髪の毛の、カラーを、おおお願いします・・・」
美容師さん:「OK!お待ちしてますね♪」
といった感じで、必死に予約したのを覚えています(笑)

そして、「美容室」で髪を切ってもらった結果、どうなったか。

プロの美容師さんに切ってもらったおかげで、見た目がガラッとカッコよくなり、
テンションも上がってきて、同時に、意識も高まったのです。

また、カッコよくなったことで、まわりの反応もガラっと変わり、
「モテるぞ」という本気モードにスイッチが入ったのです。

その結果、より「モテる方法」を勉強したいと思うようにもなり、
より積極的に「出会い」のチャンスを増やしたいと思うようにもなり、
どんどん行動的になっていきました。良い循環が回り始めたのです。

「どういうこと? なにが言いたいの?」と思った方もいらっしゃるかもなので、
これをきちんと理論で説明していきましょう↓

『必殺本気固め』とは。意識で方向付け⇒まわりを本気のもので固める

冒頭でも少し説明しましたが、
「意識高い系」=「意識だけが高くて満足してるヤツ」
だとすると、それはつまり、勉強だけをして何もしない状態です。

勉強だけをして、意識だけ高めても、あまり意味が無いということです。
「分かった気になってる」だけであって、状況は何も変わりません。

これは、僕の個人的な経験に基づいた理論になりますが、
意識は高めようとするのではなく、あくまで方向だけ決めることに使い、
あとは、身のまわりをガラッと変えた方が、最速ではないかと考えています。

先ほどの例で言えば、

①「モテるぞ!」と決めて、「モテる方向」に意識を向けます。
一通り、「モテる方法」の全体像も学びます。

②その上で、まわり(自分の髪型や服装)を、本気のもので固める。
本気でカッコよさを追究している、
プロの「美容師」さんに髪を切ってもらったりする等。

といったステップになります。

世の中で、ビジネスで成功したり、結果を出す人は、
「商売道具を大切にする」という法則がありますが、それに近い理論でもあります。

一流の野球選手は、「バット」「グローブ」などを手入れして大切にしますし、
一流の営業マンは、「靴」をピカピカにして、「スーツ」も綺麗に仕立てます。
こうやって、まわりを「本気モード」で固めることによって、
自然と意識を高めて、行動も変えていっているのです。

これが、『必殺本気固め』です!

ただ、ここで誤解しないでいただきたいのは、
「髪型だけ変えればいい」
「バットやグローブだけ変えればいい」
「靴やスーツだけ変えればいい」
という意味ではないということ。

それはただ単に「一部」を変えているだけですよね。
これについては、コチラの記事の『つながりバランスの法則』で解説しました。

僕が言いたいのは、しっかりと全体像(つながり&バランス)を理解した上で、
まわりを「本気のもので固めていく」と、結果が出るまでが速いですよってこと。

●「モテる方法」をしっかり理解⇒「髪型」をガラリと変える
●スポーツの上達方法をしっかり理解⇒使う道具を変える
●ビジネス成功の方法をしっかり理解⇒使う道具を変える

といった順番です。

メディア運営を、本気で快適に実践できる環境を整えよう

インターネットビジネス/メディア運営の場合は、
しっかりと全体像(つながり&バランス)を理解したあとは、
本気で快適に実践できる環境を整えることが大切です。

例えば、よく以下のような相談をいただくことがあります。

「時間が無いんです。どうしたらいいですか」
「子供がうるさくて、家で集中できません」
「パソコンの動作が遅くて、なかなか進みません」
「長時間座るのがしんどいです」
「初心者なので、サイトが素人臭くなってしまって・・・」

などなど。

これらの問題も、『必殺本気固め』をすれば、ほぼ解決していきます。
例えば、以下のような工夫をすることができます。

●「時間が無いんです。どうしたらいいですか」
⇒通勤/通学のスキマ時間を使って、作業もできます。
今はスマホがあるので、便利なアプリを使うのも手です。
僕の場合は、「ポメラ」という電子メモを使って作業してました。

●「子供がうるさくて、家で集中できません」
⇒だったら、家から出て、喫茶店や公民館に行くこともできます。
最近は「コワーキングスペース」と呼ばれるサービスもあります。

●「パソコンの動作が遅くて、なかなか進みません」
⇒思い切って、動作の速いパソコンに買い替えれば良いかと思います。

●「長時間座るのがしんどいです」
⇒長時間座っても負担にならない、良い椅子を買えば良いかと思います。

●「初心者なので、サイトが素人臭くなってしまって・・・」
⇒スタイリッシュなサイトテンプレートを買ってみてはどうですか。
設置が難しそうなら、インストール代行サービスもあります。

ハッキリ言って、「脳ミソ」をきちんと使えば、誰でも思いつきます。
ちょっとした時間調整や、ちょっとしたお金はかかるかも知れませんが、
頑張って貯金すればなんとかなるくらいの金額に収まりますよ。

※ちなみに僕の場合、工場勤務時代は、
毎日水筒を使って、飲料代を節約し、お金を貯めていました。
そうやって貯めたお金を、環境を整えるために使っていました。

ようするに、ビビっているんです。
何かを始めることに。新しい可能性をつかみ取ることに。
『自分』の可能性を信じることに。

『自分』のまわりの環境を「本気モード」にすれば、
自然と「やるっきゃねえな!」という気持ちになって、意識も高まるのにね。

最後に。目の前の損得ばかり考えるのは、やめた方がいい

『必殺本気固め』をためらってしまう最大の原因は、
「これだけ時間/お金をかけたのに、結果が出なかったらどうしよう・・・」
という不安だと思います。

「美容室に行って、カッコよくなっても、モテなかったらどうしよ・・・」
「色々工夫して準備しても、稼げなかったら全部無駄になるじゃん・・・」

こんな感じで、リスクとリターン(損するか得するか)ばかりを考えて、
迷い続けて、結局、時間だけが無駄に過ぎていきます。

僕の考えとしては、目の前の損得をあれこれ考えることよりも、
何か新しいことにチャレンジする時に、
「本気で取り組むスキル」を身に付ける事の方が大切だと思います。

例え、美容室に行って、モテなかったとしても、
ビジネスの準備を整えて、稼げなかったとしても、
「本気で取り組むスキル」『自分』の中に残りますから、
また新たなチャレンジをした時に、ビビらずに本気で取り組むことができます。

「本気で取り組む」を繰り返すうちに、どんどん成功は近づいてきます。
世の中の成功者と呼ばれる人は、これを繰り返しているだけだったりします。

オマケになりますが、僕が19歳の頃に行った「美容室」には、
その後、十年以上通うことになり、お店のマスターと仲良くなりました。
仲良くなりすぎて、自宅に招かれて、ご飯をご馳走にもなりました。

今ではそのお店のマスターと、一緒にビジネスを立ち上げるほどにもなりました。
新しいお店の立ち上げや、新規プロジェクトを行ったりしています。

「もしあの時、勇気を出して美容室に電話していなかったら・・・」
と思うと、逆に恐いです(笑)
目の前の損得ばかり考えていたら、実現しなかったでしょうし、
今の状況なんて想像もできませんでした。

『自分』のまわりの環境を、ガラっと「本気モード」に変える勇気。
思い切って、出してみてはいかがでしょうか。

というわけで、今回で【モテモテ思考編】は以上となります。
次回からは、また新展開となりますので、お楽しみに!
それでは、また☆

*ネックネーム可
*メールアドレス