記事作成と書き方■SEO対策記事とは。その種類とポイント。


アフィリエイトの記事の種類」の中の、
SEO対策記事について、
詳しく説明していきたいと思います。
<>

SEO対策記事は、
主に以下の種類があります。

 

サイトマップや、目次など、内部リンクを充実させた記事。
内部リンクを充実させることで、検索エンジンロボット(クローラー)が、
サイト内を巡回しやすくなるため、SEO対策に効果的です。
通常のサイトマップのように「無機質なページ」ではなく、
ひと工夫入れることで、人間が見ても、
魅力的なコンテンツを作ることもできます。

こちらの「検索エンジンロボットが大好きなコンテンツ
も参照してみてください。

 

キーワード記事

検索されているキーワードを元にして、作成された記事。
サイトアフィリエイトで、SEO対策を行っていく上では、
欠かせない方法です。
検索されているキーワードは、
主にキーワード・アドバイス・ツール等を使って調べていきます。

キーワードを意識しすぎるあまり、
不自然な文章の記事になってしまわないように注意しましょう。

こちらの「ロングテール・アクセスを狙ったSEOライティング
も参照してみてください。

 

サテライト記事

メインサイトの記事ではなく、被リンクとして活用するための、
サテライトサイト(バックリンク)の記事。
内容としては、人間が読める文章であれば、雑記的なものでも構いません。
最近のSEO対策の傾向からいえば、メインサイトと、サテライトサイトの記事の
ジャンルが同じであれば、より効果的なようです。

例えば、ダイエットのメインサイトを運営しているのであれば、
そこに被リンクを送るサテライトサイトの記事も、
ダイエットに関する内容であれば、SEO上、より効果的だということです。

*ジャンルが違っていても、全く効果が無い、というわけではありません。

記事のクオリティや、ライティング力を意識する必要はないので、
外注/代行で作ってもらってもいいでしょう。

 

リンク集記事

上記「索引記事」とは違い、
他のサイトへのリンクを貼った、外部リンク集の記事。
役に立つサイトを案内することで、価値を生み出すことができます。

相互リンクページも、最近では、ただURLを貼っただけの、
無機質なページが多いですが、
ジャンル別に分類したり、コンセプトを持って紹介することで、
訪問者にとって為になるページになります。

紹介の仕方が魅力的であれば、
相互リンクを承認してもらいやすくなる、というメリットもあります。

 

以上、「SEO対策記事」の種類を紹介させていただきました。
参考になりましたら幸いです。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ