サイトアフィリエイトとは?ブログアフィリエイトとの違い


サイトアフィリエイトとは何なのか、
について解説したいと思います。

<>
実は、各アフィリエイターによって、
定義が異なるのですが、

 

基本的に、当サイトでは、
WEBサイトを使ったアフィリエイトを、
「サイトアフィリエイト」と呼ぶことにします。

 

よくサイトアフィリエイトに対して、
ブログアフィリエイトという言葉がありますが、
ブログもWEBサイトの一つなので、

 

当サイトでは、
サイトアフィリエイトブログアフィリエイト
という解釈をします。(あくまで、当サイトでは、ということです)

 

巷では、様々な定義がありますので、
一度、整理してみたいと思います。

 

■巷で言われる定義①形式による定義
HTML形式のアフィリエイトが「サイトアフィリエイト」
ブログ形式のアフィリエイトが「ブログアフィリエイト」

 

■巷で言われる定義②商材による定義
物販をアフィリエイトしたのが「サイトアフィリエイト」
情報商材をアフィリエイトしたのが「ブログアフィリエイト」

 

■巷で言われる定義③集客方法による定義
SEOによって集客をするのが「サイトアフィリエイト」
コメント周りやブログランキング等から集客するのが「ブログアフィリエイト」

 

■巷で言われる定義④更新頻度による定義
放置型のアフィリエイトを「サイトアフィリエイト」
更新型のアフィリエイトを「ブログアフィリエイト」

 

■巷で言われる定義⑤顧客との交流の有無による定義
自動販売機型のアフィリエイトを「サイトアフィリエイト」
コミュニケーション型のアフィリエイトを「ブログアフィリエイト」

 

などなど、様々なものがあります。

 

が。

 

PABLO STYLEでは、
WEBサイトを使ったアフィリエイト=サイトアフィリエイト

 

と、広い意味で定義して、話を進めていきます。

 

なぜ、広い意味で解釈をするのかというと、
巷で言われる定義①~⑤のように、「狭い」解釈をしてしまうと、
頭が固くなって、柔軟な発想ができない可能性が高いからです。

 

そもそも、
ワードプレス(ブログ形式)でも、HTMLのようにカスタマイズできるし、
物販商品と情報商材を同じサイトでアフィリエイトしてもいいし、
集客方法にそもそも制限なんかないわけだし、(オフラインからでも可能だし)
HTML形式でも更新型アフィリエイトは可能だし、
自動販売機型でもコミュニケーションを取ることはできるわけです。

 

こうなってくると、
サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトを、
別々のものである、と定義すること自体が無意味になってきます。

 

また、「狭い」解釈をしてしまうことで、
アフィリエイトの教材を学ぶ時も、「本質」が見えなくなってきてしまいます。
「本質」を見抜けないと、自分でアレンジしたり、応用ができなくなります。

 

例えば、
「アフィリエイトファクトリー」という教材があるのですが、
この教材を紹介しているアフィリエイターの中には、
「物販アフィリの教材です」とか、
「HTML形式のサイトアフィリ教材です」とか、
「ASPアフィリエイトの教材です」

などと説明している方がいらっしゃいます。

 

いやいや。違います。

 

「アフィリエイトファクトリー」は、
バックリンクとメインサイトを使って、
稼ぎの仕組みを構築する方法について、解説したノウハウであり、
物販だろうが情報商材だろうがHTML形式であろうがブログ形式であろうが、
関係なく、使えますから。

 

というわけで。

 

当サイトでは、
・放置型は、放置型
・物販アフィリエイトは、物販アフィリエイト
・コミュニケーション型は、コミュニケーション型

というように、
それぞれ別々に、
説明していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

↓他にもサイトアフィリの特徴と種類について読みたい方は目次をチェック↓

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ