ブログ記事作成■スパム記事とは。その種類とポイント。


アフィリエイトの記事の種類」の中の、
スパム記事について、
詳しく説明していきたいと思います。
<>

こういった、スパムになるかどうかという議論は、
「まだ通用します。使えます」
「完全にスパムだ。ダメです」

など、意見が分かれることが多いです。

 

僕個人の意見としては、
少しでもスパムになりえるようなことは、
やめておいた方がいいと考えています。

 

基本的には、
短期的な欲求を満たすような、ラクな手法は危険です。

 

将来的に、長期間にわたって通用する方法でなければ、
当然、長期的な不労所得も得られないわけなので、
ブラックなSEOになりがちな事や、
ブランドを下げるような記事は作るべきではないと思います。

 

現在考えられるスパム記事は、主に以下の種類があります。

 

他人のサイト(ブログ)の記事を、
そのままコピー&ペーストした記事。
コピー記事を多用すると、検索エンジンロボットから、
「ミラーサイト」や、「重複コンテンツ」とみなされて、
ペナルティを受けて順位を落とされてしまいます。
あまりにもひどい場合は、
Googleのパンダ・アップデートに引っかかって、
検索結果の圏外に飛ばされます。

 

人の記事をパクった記事

そのまま他人のコピーしたわけではないが、
単純に「単語」を入れ替えただけであったり、
1、2行の文章を付け足しただけの、パクリ記事。

Google検索エンジンロボットは、
記事の文章全体を見て判断するため、
少し文章を変えただけでは、「重複コンテンツ」として、
見なされてしまいます。

また、パクっていることが、読者にばれた時点で、
サイトの信頼を失ってしまい、
二度と訪問してもらえなくなる可能性が高いです。

人気サイトの記事を、
パクっている方をたまに見かけますが、
人気サイトには、必ず「ファン」が存在しているので、
業界が同じであれば、すぐにその「ファン」の方達にバレてしまいます。
そうなると、一気にサイトのブランド価値が
地に落ちてしまうので、絶対にやめましょう!

 

穴埋め、テンプレート記事

あらかじめ用意されたテンプレートに、
単語を当てはめていって作られた記事。
これも「人の記事をパクった記事」と同様、
少し文章を変えただけでは、「重複コンテンツ」として、
見なされてしまいます。

いまだに、こういった穴埋め式のテンプレート教材が売られているのを、
たまに見かけますが、正直あきれてしまいます…。

SEO対策で上位表示させたいのであれば、
こういったラクな方法は控えて、
完全オリジナルの記事を作成してください。

 

ワードサラダ記事

ワードサラダ記事とは、
「文法的には正しいが、人が読んでも何を言いたいのか分からない記事」
を意味します。
自動記事生成ツールや、システムなどを使って作られた記事のことです。

・ニュースサイトやRSS、ショッピングサイト等、
他のサイトから取得した文章を、ランダムに組み合わせて生成する方法


・自分であらかじめ用意した文章を、
自動的にシャッフルして一つの記事を生成する方法

があります。
今は通用しているものもあるかもしれませんが、
年々、検索エンジンが進化してきていますので、
近いうちに、ペナルティを受けると考えて間違いありません。

 

以上、「スパム記事」の種類を紹介させていただきました。
参考になりましたら幸いです。

無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ