メール到達率を上げるには解除が鍵!?メルマガを届くようにする秘訣


toutat

今回は、メールの到達率を上げるための秘訣をお伝えしたいと思います。
良質なメルマガ配信スタンドを選ぶことに加えて、
自分自身でも使い方を工夫しないと、到達率を高めることはできません。

 

以下の記事とあわせて読んでいただければ、
到達率についてはバッチリかと思いますので、是非チェックしてみてください。
「メルマガ配信スタンドの選び方と、必要なシステム機能について」

 

メルマガ到達率とは。大きく分けて3つの要素で決定する

メルマガ到達率というのは、
正直なところ、分かりにくい部分もあったりするのですが、
実際にメールを配信していれば、
アドレスごとに、きちんと送れたかどうかを確認することができます。

 

また、メール内にクリックしてもらうためのURLなどを記載して、
解析していれば、どれだけ反応があるのかも分かります。

 

まあ、反応に関しては、メルマガの内容によるところも大きいのですが、
反応が上がると、到達率も上がっていくという仕組みになっていますので、
実は、かなり重要だったりもします。

 

んで、このメール到達率なのですが、
大きく分けて、3つの要素で決定されます。

 

①メルマガ配信スタンドのスペック
②メールの設定、およびメール本文の記載
③配信者のメルマガ運営

 

この3つをしっかりとチェックし、
対策しておけば、よく届くメルマガになります。
「①メルマガ配信スタンドのスペック」に関しては、
コチラの記事を読んでいただければご納得いただけるかと思います。

 

というわけで、今回は、
②メールの設定、およびメール本文の記載
③配信者のメルマガ運営
に焦点を当てて、解説していきたいと思います。

 

メルマガが届くようにするための設定と記載など

まずは、「②メールの設定、およびメール本文の記載」の部分です。
こちらは、メールの設定と記載に気を付けておけば大丈夫なので、
比較的簡単に対策することができます。

 

基本的に、送信者アドレスは、配信サーバーのものを使う

メルマガ配信スタンドで、
メールを送る際に、「送信者アドレス」を記載する部分があります。
僕が使っているメルマガ配信スタンドで例を出すと、以下の部分です↓

 

この部分は、基本的には、メルマガ配信スタンドで用意されているものを使って下さい。
たまに、自分が持っているメールアドレスを、
何も考えずに入れる人がいるのですが、やめた方が良いです。

 

「他人になりすましたメールアドレスからのメール」等の理由で、
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまって、きちんと届かなくなる可能性があるからです。

 

もし、別のメルマガ配信スタンドから乗り換えて、
引き続き使いたいという場合は、
SPFレコード設定、DKIM設定を行うようにしましょう。そうすればOKです。

 

SPFレコード設定、DKIM設定については、
メルマガ配信スタンド側に問い合わせれば大丈夫です。

 

フリーメールアドレスや携帯メールアドレスを、
送信者アドレスとして使うのは絶対にやめた方が良いです。

 

ノイズ・ドメインを入れない

メール本文の中に、ややこしいURLやアドレスは、なるべく入れない方が良いです。
スパム判定を受けているサイトのURLや、メールアドレスなどです。
これを、ノイズ・ドメインと言います。

 

このノイズ・ドメインがメール本文中に入っていると、
迷惑メールフォルダに振り分けられてしまい、
きちんと届かなくなる可能性が高くなります。

 

特に、アフィリエイト・リンクなどに関しては、
短縮URLで変換しておいた方が無難です。

 

解除URLはしっかり入れておく

メルマガを解除してもらうためのURLのことです。
これがないと、読者がメルマガを解除したい時に困ります。

 

「なるべく解除させない為に、解除URLを貼るのはやめよう。ゲヘヘ」
「解除URLを貼るけど、分かりにくいところに貼っちゃお。イヒヒ」

 

↑たまにこういう馬鹿な考えをする人もいらっしゃいますし、
実際に、こういった解除URLの無いメルマガが送られてくることがあるのですが、
ハッキリ言って逆効果です。

 

解除URLが無ければ、「迷惑メール」として通報されてしまうからです。
「迷惑メール」として扱われてしまうと、マイナスポイントとなり、
メールの到達率は下がってしまうのです。

 

なので、メルマガを読みたくない人には、
むしろ気持ち良く解除してもらった方が良いのです。
解除してもらうだけなら、マイナスポイントにはなりませんから、
どんどん解除してもらって、スッキリした方が良いのです。

 

有料教材のフォローメールとして送る場合や、
有料の通信講座の案内メール等であれば、解除URLを記載する必要は無いかもしれませんが、
無料で公開しているメルマガに関しては、必ず記載しておきましょう。

 

届かない原因は、メルマガ運営にも原因がある?!

次は、「③配信者のメルマガ運営」の部分です。
これに関しては、実際にメルマガを発行していきながら対策をしていくのですが、
あらかじめ理解しておくのは大事ですので、解説していきます。

 

相手に迷惑になるようなメールは送らない

これは基本と言うか『本質』になるのですが、
きちんとした内容のメールを送るということです。

 

先ほど、「迷惑メール」として通報されると、
マイナスポイントとなり、到達率が下がってしまうと説明したが、
迷惑になるようなことをすると、ダメだということです。

 

・売り込みばかりのメールを送る
・毎日何度も大量のメールを送りつける
・解除されたのにも関わらず、送り続ける

 

↑こういったことは絶対にやめましょう。

 

読者目線できちんとしたメルマガを送り、
相性が合わなければ解除してもらう、という姿勢で、
健全に運営していくことが、到達率アップにつながります。

 

メール本文のURLをクリックされると加算

メール本文のURLをクリックされる回数が多くなると、
「このメルマガははきちんと読まれているんだな!」
と判断され、プラスポイントになります。その結果、到達率が上がっていきます。

 

なので、毎回でなくても良いですが、
メール本文の中で、なにかしらのURLを貼って、
クリックしてもらうように促すというのをやってみましょう。

 

別に、商品を紹介するURLでなくても、

「今回のメールの感想を送って下さい。感想かコチラから⇒URL」
「今回のメールの内容がためになった、という人はコチラをクリック⇒URL」

↑このような感じで工夫し、クリックしてもらうという動作をしてもらうと、
到達率はどんどん上がっていきますので、是非取り入れてみてください。

 

滞在時間や、スクロールされているのかも重要

検索エンジンと同様、
最近のメール到達に関するアルゴリズム(仕組み)は進化してきており、
メールの滞在時間や、スクロールされているのかも、判断されているようです。
ようは、「しっかりと読まれているかどうか」を判別されているのです。

 

滞在時間が短かったり、スクロールされていないからといって、
迷惑メールフォルダに入ってしまうというわけではないですが、
やはり、しっかりと読まれているメルマガは評価され、
きちんと届きやすくなってきているようですね。

 

登録されたらすぐに送る。理想は、定期的に送ること

これは、読者が忘れられないようにするということです。
読者に存在を忘れられてしまうと、

 

「なんだこのメルマガ。登録した覚えないし!(怒)
 迷惑メールに違いない!迷惑メールとして通報しよ」

 

↑こんなことになってしまう可能性が高いからです。
こういったことが重なってくると、マイナスポイントになり、
メールが届きにくくなっていきます。

 

なので、メールアドレスを収集した際は、
なるべくスグにメールを送って、覚えてもらうことが大事です。
んで、理想的には、定期的に送ることです。

 

しっかりと覚えてもらっていれば、1年に一回とかでも大丈夫かもしれません。
(実際に、年に一回ほどのメルマガ配信で稼いでいる大物もいますから)

ブランディングがしっかりとできていて、読者からも、
「あの人からメールが来たら、すぐにチェックしよう!」
と思われていれば、たま~に送るような運営方法でもOKだと思います。

 

ただ、まだあまり知名度が無い場合は、定期的に送った方がいいですね。
最低でも、2週間に1回でも送るようにしましょう。

 

メルマガ・リストの購入は危険

リスト(メールアドレス)を集める時は、
基本的には、オプトイン(相手の意思で読者になってもらう)による、
収集方法がベストです。

 

たまに、「5000人のメルマガ・リストを販売します!」
みたいなサービスがありますが、
こんな形で集めたメールアドレスに送ってしまうと、先ほどと同様、

 

「なんだこのメルマガ。登録した覚えないし!(怒)」

 

となって、迷惑メールとして通報されてしまう可能性が高まります。
しかも、数千人から、一気に迷惑メールとして通報されてしまうと、
到達率はガクンと落ちてしまいますので危険極まりないです。

 

インターネット黎明期は、
メール到達に関するアルゴリズム(仕組み)も、それほど進化していなかったので、
通用していた方法ではありますが、現在では通用しません。

 

読みたい人に、読みたくなるメールを送る、というのを徹底しましょう!

 

まとめ。迷惑メール対策は、とりあえずバッチリ

今回の内容をしっかり読んでいただければ、
到達率に関する基礎知識はとりあえず、理解したことになります。

 

①メルマガ配信スタンドのスペック
②メールの設定、およびメール本文の記載
③配信者のメルマガ運営

 

冒頭で説明した、3つの要素のうち、
「①メルマガ配信スタンドのスペック」に関しては、
以下の記事もあわせて読んでいただければ幸いです。

 

メルマガ配信スタンドを徹底比較

 

最高のメルマガ配信スタンドを使って、
きちんと到達させて、ガッツリと稼いでいきましょう!!


無料メール講座

*ネックネーム可

*メールアドレス
サブコンテンツ

このページの先頭へ