【2018年】ワードプレスSEO対策済みテンプレートの究極ベスト3

今回は、SEO対策済みのワードプレス・テンプレート
究極のベスト3をご紹介させていただきます。

サイトを作るツールは、様々なものが発売されていますが、
コンテンツSEOで長期的に運営し、大きく稼ぐのであれば、
レスポンシブ・デザインのワードプレスがオススメです。

以下の記事とも関連していますので、あわせて参考にしてみてください。
最小限の記事数でコンテンツSEOを成功させる手順。おさえるべき5つのステップ
モバイルファーストインデックスの導入と影響。これからのサイト作りの方向性

今回の選定基準は、
●SEO対策済みのワードプレス・テンプレート
●レスポンシブ・デザイン
●使用方法/カスタマイズ方法がスグに調べられる事
です。

また、良質なツールを選ぶ条件でもある、
●使いやすい
●機能が豊富
●対応が迅速
●開発者がマーケティングを理解しているかどうか
●開発者自身が「ツール」を愛用しているかどうか
等も満たしたものであるとします。
ツールの選び方についてはコチラの記事で詳しく解説しています。

SEO対策済みテンプレートに違いはあるのか

「SEO対策済みテンプレート」というのは、
検索エンジン(ロボット)=グーグルから見た時に、
「コノ、サイトハ、トテモ、スバラシイ!」
と分かってもらいやすいように、設計したテンプレートのことです。

せっかく同じように記事を書いていくのであれば、
何も施されていないテンプレートを使うよりも、
「SEO対策済みテンプレート」を使う方がお得です。

「SEO対策済みテンプレート」を使って良質な記事を書いていけば、
人間が見ても、検索エンジン(ロボット)が見ても素晴らしいサイトと認識され、
評価が高まっていきます。

んで、この「SEO対策済みテンプレート」というものも、
様々な会社から、様々なものが販売されているのですが、
「どこがどう違うの? 性能に明確な違いはあるの?」
と迷ってしまうのではないかと思います。

結論から言いますと、性能の違いはあります。
ただ、ある一定のレベルを越えれば、そこまで大差はない、というのが僕の印象です。

検索エンジンの性質上、
「同じ記事で、同じサイトを作って、テンプレートの性能を検証」
というのは不可能なので、厳密な検証はできないのですが、

●実際に使っている人の感想や意見を集めてみる
●テンプレートが使われているサイトを観察する
●上位に表示されているのが多いテンプレートを観察する

といったことを統計的に分析していけば、ある程度は分かってきます。

僕の場合は、インターネット・マーケティング関連に携わっている知人や、
クライアントさんが多いので、そういった方達の意見を参考にしながら、
今回のランキングを作成してみました。

「絶対」ということは無いですが、資料としては十分参考になるかと思います。

ベスト1:STORK(ストーク)
~コンテンツSEO全般にオススメ~

ブログマーケッター、JUNICHI氏監修のもと、
OPENCAGE(オープンケージ)が開発したテンプレートです。

いくつか販売されている、OPENCAGE(オープンケージ)のテンプレートの中でも、
特にスマートフォンでの使用感にとことんこだわった使用となっています。

有名ブロガーや、アフィリエイター、オウンドメディアを運営している法人も、
このテンプレートを使って、成果を上げています。

使っている人が多いため、「ストーク カスタマイズ」等で検索すると、
色んな人がカスタマイズ方法を分かりやすく解説してくれています。
ですので、「カスタマイズが分からない・・・」と悩んでもスグ解決できるでしょう。

オススメ理由①:とにかくスマホ表示が勝手に綺麗に仕上がる

「使用感にとことんこだわった」というだけあって、
スマホ、タブレット端末(iPadなど)で見た時のデザインが綺麗です。
以下のような感じで表示されます。

数あるレスポンシブ・デザイン対応のワードプレス・テンプレートの中では、
かなり見やすいのではないかと思います。

オススメ理由②:SNSボタンがスタイリッシュで、スムーズ連携

STORK(ストーク)の場合は、記事下に表示される、
「この記事が気に入ったら、いいねしよう!」機能が最初から実装されています。
SNSとの連携には欠かせない機能の一つです。
プラグインを入れなくてもOKなので、非常に便利です。

実は、プラグインはあまりたくさん入れると、サイトが重くなって、
検索エンジンから嫌われやすくなるので、なるべく少なくした方が理想です。
そういった意味でも、「この記事が気に入ったら、いいねしよう!」機能が、
プラグインの導入なしで使えるのは魅力です。

オススメ理由③:複数運営に便利な運営者記載機能

最近は、複数のメンバーで運営しているメディアも増えてきていますので、
そういった方向性で考えるのであれば、便利な機能ではないかと思います。

この機能に関しては、1人だけで運営するのではなく、
●外注さんに書いてもらう
●専門家に依頼して書いてもらう
●仲間と一緒に記事を投稿していく
といった使い方をする時に便利な機能です。

他の類似種:ALBATROS(アルバトロス)、
Hummingbird(ハミングバード)等との違い

同じOPENCAGE(オープンケージ)が開発したテンプレートに、

ALBATROS(アルバトロス)
Hummingbird(ハミングバード)
SWALLOW(スワロー)

などがありますが、最上位の機能を持ったのが、STORK(ストーク)なので、
個人的には、STORK(ストーク)で十分という結論に達しました。
細かい比較については、また別の記事でガッツリ取り上げようと思います。

ベスト2:AFFINGER5(アフィンガー5)~
アフィリエイターに特にオススメ~

株式会社オンスピードが開発したテンプレートです。
アフィリエイターなど、稼ぐことを目的とする人向けに作られたのが、
「アフィンガー・シリーズ」です。

AFFINGER4、AFFINGER5(WING)・・・とバージョンアップを重ねるごとに、
機能も強化されていってます。

上記のSTORK(ストーク)と同様、使っている人が多いため、
検索すると、色んな人がカスタマイズ方法を分かりやすく解説してくれています。

特筆すべきオススメポイントとしては、「ランキング機能」です。
他のテーマにはなかなか無い機能であり、
商品レビュー系、比較系のサイトを作っていきたい人にとっては、非常に便利です。

ベスト3:ALPHA2~プロ級デザインで、超初心者も使える~

アフィリエイターとしても有名な未来派さんの、
株式会社パロリーブルが開発したテンプレートです。

上記の「STORK」「AFFINGER5」に比べると、目立った機能は無いですが、
直感操作で使うことができるのが魅力です。
デザインに力を入れている、未来派さん監修ということもあって、
極めて綺麗なデザインに仕上がっています。

アフィリエイト教材「LUREA」に付属していたワードプレステンプレート、
「リファインSNOW」のパワーアップバージョンと捉えると良いかと思います。
操作方法はほぼ同じ感じで、使いやすいです。

特典として、ALPHA2と同じデザインのSIRIUS(シリウス)用テンプレートが、
合計14パターン付いてきますので、SIRIUSをすでに持っている方はお得です。

番外編:賢威(けんい)~上級者向け~

番外編としてご紹介するのは、
「SEO対策済みテンプレート」の代名詞ともいえる「賢威(けんい)」です。

なぜ番外編にしたかと言いますと、若干カスタマイズに手間がかかるためです。
解説したサイトもたくさんありますし、購入者向けサポートフォーラムも充実しているので、
「全く操作方法が分からなくて困る」ということは無いと思いますが、
上記のベスト1~3で取り上げたテンプレートと比べると、多少難しいかな、という感じです。

「賢威(けんい)」の魅力としては、
プレーン(何もイジっていない状態)は、とてもシンプルなところです。
シンプルがゆえに、自由度が高いのが魅力ではありますが、
高性能&カッコよく仕上げるためには、カスタマイズ力が必要になってきます。

つまり、超初心者が使った場合と、上級者が使った場合、
大きな『差』が出てしまうということです。

ベスト1~3で取り上げた、
「STORK」「AFFINGER5」「ALPHA2」の場合は、
何もイジらなくても、最初からプロ級のデザイン&機能でスタートできます。

まとめ。結局は、コンテンツが命

今回、「SEO対策済みテンプレート」をご紹介させていただきましたが、
「SEO対策済みテンプレート」と聞くと、
あたかも、それを使うだけで稼げてしまうような錯覚をしてしまうかもしれませんが、
あくまで重要なのは、中身のコンテンツです。

●「SEO対策済みテンプレート」=車
●中身のコンテンツ=乗っている人間

みたいなイメージです。

乗っている人間の運転方法がショボかったら、
車の性能を活かせませんし、スグに潰れるかもしれませんよね。

中身のコンテンツを、より強化し、より多くの人に広める手段として、
「SEO対策済みテンプレート」を活用してみてください。

それでは、今回は以上となります。
参考になりましたら幸いです。

*ネックネーム可
*メールアドレス